不人気バイクは穴場!?おすすめな理由を5つにわけてご説明します

バイクの選び方不人気車, バイク, 選び方

世の中には誕生したバイクなのに、人気と不人気の二択にわかれてしまいます

そうなると、残ったバイクは海外へ輸出されていくか、国内で安い料金で取引されています

ここで、私がオススメしたいのは、なるべくお金をかけずに不人気車両に乗るメリットを解説していきますね

不人気車種がお得な理由

私は不人気車両が大好きで、もっといろんな人が乗ればいいのになと普段から思っています

なぜ、そのような事を思うのかわかりやすく
ご説明していきますので、じっくりと読んでみてくだささいね

購入するのが安い

人気車種に比べて圧倒的に言えるのが、中古車体が安いことです

例えば、CB400SFは需要があるので、高値で売り出しても売買が成立しますよね
しかし、マイナーなオートバイは欲しがる人がいないので必然的に値段が安くすみ

乗り出し価格を抑える事ができるのです

そうした穴場を探して乗ると購入金額は安くすむのでカスタム費用にお金を回せたりします

不人気は人と被らない

不人気なので、外をバイクで走っていても自分と同じ車体に遭遇する機会が無く
ちょっとした優越感に浸れます

ただ、周りから見ると「なんであんなの乗ってるの」と思われる可能性もありますが

時代の先を進んでしまったなとクールな気持ちでありましょう
実際は、バイクのこのみは好き好きであるので相棒になってしまえばそんなに気になりません

盗難に合いずらい

人気車種ならではの悩みの種は盗まれる可能性がある事です
これは、プロからアマチュアまでが、その車種を狙って盗みにくるので非常に対処に困ります

しかし、不人気車両は鍵をつけておいといても取られない、なんてこともあるので
盗難対策は安い金額で問題ありません(地域性の問題があるので絶対ではありませんよ)


スポンサーリンク

なんかの節で高騰する

昔は不人気バイクだったのに値段あがりすぎじゃない?

これも意外と起こり植えます

最近で言えばヤマハのブロンコです
私が知っている限りだと昔は10万前後で取引されていた車種にも関わらず

最近は20万を超えていたりします。

狙って購入するには少々難しくもありますが、後々バイクを乗り換えようと思った時に
思わぬ価格で売れたりするので、自分が好きなバイクを選びましょう

思い切ったカスタムができる

これは人によるかもしれませんが、大掛かりなカスタムを前提に不人気車両を
購入するのはメリットだと言えます

ただ、その場合だとフレームの切断や溶接なども行うので、個人で行える方は限られてしまったり
売却をしようと考えた時に、オリジナリティあふれる作品になるとバイク買取業者さんも買い取ってくれないかもしれません

そういった事をすべて含めて「俺のバイクが欲しい!」と思う方なら不人気車種を狙うのはいいですね

不人気車両の唯一のデメリットだと思うこと

不人気以外の内容が含まれると購入する事をオススメしません
不人気+古いといった車両になるとパーツが見つける事が困難だからです

人気車種は、パーツが販売停止になっても一定の需要があれば、再販してる事があります

しかし、不人気車両はパーツを探すことが困難であり、再販は望むことは不可能

不人気+αが考えれる車体は購入する事を考えないでくださいね

不人気を楽しもう

バイクの不人気車両は一般道を走行する面で、走れないなどと言ったことはなく
デザインが奇抜であったり、古臭いディテールにお金を出したくないと思うのです