CB550FOUR/Ⅱ/K(CB550FE)4本出しマフラーの存在感が迫力ある旧車

750cc, HONDAネイキッド, ホンダ, 旧車, CB550FOUR

CB500FOUR(CB550FE)から排気量を若干アップして誕生したCB550FOUR
前モデル同様に現在も日本や海外で活躍しているオートバイです

今回は、CB550FOUR/Ⅱ/K(CB550FE)の評価からカスタムまでご紹介します

CB550FOUR(CB55FE) スペック

1974年

空冷4サイクルSOHC 2バルブ4気筒エンジン

最高出力 50ps/8.500rpm

最大トルク 4.4kg・m/7.500rpm

車体重量 207㎏

燃料タンク容量 14L

シート高 不明

5速MT

歴史を見てわかるCB550FOURの格好の良さ

前モデルのCB500FOURのエンジンを流用しボアップして誕生したCB550FOUR

最高出力が少量だがアップさせて、中低速トルクを向上して扱いやすさの向上を図り
リアホイールタイヤのサイズを拡大、ステップを可倒式タイプに変化した

1975年に販売されたCB750FOUR-Ⅱはタンク容量が17リットルに増量され、重さも206㎏とアップ。吸気系騒音を抑えるため、CB400FOURやCB750Ⅱのように集合管を取り付けられた

1977年になるとCB550FOUR-Kと名称を変えて販売。1975年に免許制度の改正によって400ccを超える排気量を気軽に乗るのは難しくなり、CB550FOURの立ち位置がなくなってしまっていました

そこで、CB750FOUR-Kのスケールダウンモデルとしてホンダは再起を図りますが、やはり日本ではなく海外で評価されるバイクになっていったのです

重量が212㎏にアップし、燃料タンクは16Lに縮小された。ただ4本出しのメガホンマフラーが装着されて人気を戻そうとしたのも伺えますね

パーツの欠品に悩まさられる

CB400FOURに比べてしまうと人気は無く社外製パーツも非常に少ない車体です

なので、オリジナルのまま維持をして乗って行くには中古パーツの確保が大切になっていきます。しかしオークションサイトを除いてみてもCB550FOURの純正パーツは少ないですね

それらの悩みを解消できるのはセカイモノを利用する事をオススメします

セカイモノでCB550FOURのパーツを調べる

CB550FOURを中古で購入しようとしている人

中古でCB550FOURを購入する時に大切になってくるのはお店選びと購入する人の目利きができるかになります。実際に動画内でサウンドを聞くことができますので参考にしてくださいね

この映像は非常になめらかなエンジンサウンドで、後半には実際に走行された映像とライダー目線の物まで見る事ができます

3000回転を超えると排気音がグっと力強い音に変わり加速していく様は大変かっこいいです



スポンサーリンク

CB550FOUR(CB550FE)のおすすめのカスタム

CB550FOUR バーエンドミラー

Vince Vancoughnettさん(@pegmoto7)がシェアした投稿

CB550FOUR-Ⅱにバーエンドミラーを装着したカスタム

日本だと旧車をカスタムする上でミラーの変更もありますが、バーエンドミラーを装着する車体を見かける機会は、ほとんどありません

ハンドル取りつけ位置も低くバーエンドミラーとの相性は良くヨーロピアンなイメージを与えてくれます

 

CB550FOUR 風防

ゆんさん(@shiga_style)がシェアした投稿

CB550FOURに風防を取り付けたカスタム

風防は誤った取り付け方をすれば、族車扱いされてしまうもののCBシリーズとの相性は良く車体に取り付けてノスタルジックな雰囲気を与えてくれるパーツです

ただ、スクリーンを反対側に倒してしまうと印象はガラッと変わってしまうのでお気を付けください

 

CB550FOURⅡ ダブルディスク化

@443kiがシェアした投稿

CB550FOURⅡは、どこか400FOURに似た形状でスタイルも素敵な一台

アンコ抜きがされたシートに、絞りの効いたアップハンドルとミラーの大きさも絶妙なバランス。制動力がしっかりと増すかはわかりませんが、ダブルディスク化も非常にカッコいいですね

 

CB550FOUR-K セパレートハンドル

Danさん(@danr188)がシェアした投稿

今回CB550FOURのカスタムを調べていくと海外ではCB550FOUR-Kのカスタム車両が非常に多かったですね。その中で純正のスタイルを壊さずにセパレートハンドルを取り付けた、この車体が非常に素敵に見えました

ただ、550FOUR-Kのインナーフォーク径を探す事はできませんでした。どなたかわかる方が居ましたらコメントして頂けると幸いです

CB550FOURはバリエーションが豊富!

初期型のCB550FOURやその後に販売されたFOUR-Ⅱ、そして最後にFOUR-Kと550だけで3種類のジャンルに分かれているので楽しみ方は人それぞれ向き合えます

中古販売値段も各車両ごとに違いますので、お財布と相談して選択する事も可能になってきますよ

特に身長や体格が小さい方で750ccや1000ccは重すぎると思ってる方は、当時の人と同じように550FOURを選んでみるのもいいかもしれませんね

また、この後に排気量がアップしたCB650が販売されていました