CBX125 カスタム(JC12)ほどよい大きさで所有欲を満たせる125ccアメリカン

125cc, HONDA

CBX125Fの派生モデルとして誕生したCBX125カスタム(JC12)
アメリカンスタイルを追求し左右からショートマフラーの装着など拘りのあるマシンです

今回はCBX125 カスタム(JC12)の評価からカスタムまでご紹介します

CBX125カスタム スペック

1984年

空冷4サイクルDOHC 4バルブ単気筒エンジン

最高出力 15ps/10.500rpm

最大トルク 1.1kg・m/9.000rpm

車体重量 123㎏

燃料タンク容量 10L

シート高 730㎜

5速MT

タイヤサイズ(フロント) 90/90-18 51P

タイヤサイズ(リヤ) 110/90-16 59P

1993年モデルにマイナーチェンジを行われて中低速域を扱いやすい変速比に変更し最高出力が13ps/9.500rpmにダウンしている

同時期に販売されたCBX125Fのネイキッドタイプとは違いアメリカンタイプで販売されたCBX125カスタム(JC12)

角型ヘッドライトにワイドハンドルを装着しクラシックらしさがあるスポークホイールに変更されている。さらにCBX125Fでは6速ミッションだったのが、5速に変更されているのも特徴の1つです

現在のバイクでサイズ感をイメージするならスズキから販売されているジグザーとかなり近い大きさです

後期モデルになって最高出力をダウンさせているが、中低速域を扱いやすい変速に変更し、プッシュキャンセルウィンカーやMFバッテリーの採用など変更点が多数あるので中古車購入時には忘れないでくださいね

トルクで走るよりも回して走るアメリカン

いくら中低速を強めたと言っても低速域からトルク感を感じるアメリカンよりのマシンではありません。アクセルをしっかりと回して走るバイクですからアメリカンみたいに低速域が快適とは言えません

それでも125ccと言う点で考えれば、使いきれるパワーで回せるマシンです



スポンサーリンク

CBX125カスタ(JC12)おすすめのカスタム

CBX125カスタム 社外タンク

Kousuke Kojimaさん(@yawaraka_anija)がシェアした投稿

ソロシートに角型タンクを使ったボバーテイストなカスタム

純正の雰囲気をがらりと変えて作り上げられて綺麗に仕上げられています。またエンジンがブラックに塗装されているのもポイントですね

CBX125カスタム ボバースタイル

赤池裕哉さん(@yuyaakaike_ycsgarage)がシェアした投稿

ローマウントに装着されたタンクと前後のバランスも良く綺麗にまとめてあります。ただ気になるのはワイドなハンドルですがボバー風な仕上げであれば、アクセントになるかもしれませんね

CBX125カスタム チョッパー仕様

輝人さん(@12teru16)がシェアした投稿

各部のパーツをブラックアウト化し外装は深みのあるグリーンに統一。そして、ハイマウントに装着されたタンクによってリア周りの高低差が生れチョッパーらしさが強くなって演出されています

CBX125カスタムも作り込みによっては十分なカスタムベース車になる事がわかりますね

CBX125カスタム セパハン

輝人さん(@12teru16)がシェアした投稿

上記のチョッパーカスタムだった車体がセパハンを装着したカスタム

上の画像はアタックバーに似た形状をしたハンドルでしたが、こちらはセパハンを採用し、トライアルングルヘッドライトに変更されていて攻撃的なスタイルに変化しています

一台で2度美味しく楽しむことも十分に可能だという事がわかりますね

CBX125カスタムのパーツをamazonや楽天で見つけれない場合はバイクブロスにて探してみてくださいね

バイクブロスでCBX125カスタムのカスタムパーツを調べる

純正のままだとクルーザーよりもジャメリカンに近いデザインで、古臭さを感じる事はあります。それでも最近販売されている125ccクラスと比べて車体が大きく楽しめるバイクである事は間違いありません

それに、今回見て頂いたカスタムベースとしていじってみても十分に遊べるオートバイだと言えますね

販売歴も長いマシンなので中古車の球数も豊富です。あなたの予算の中から素敵なCBX125カスタムを見つけてください

125cc, HONDA

Posted by KZ