CD250U・安く丈夫なカスタムバイクを作りたいならオススメな車体

250cc, HONDAホンダ, クラシックバイク, ビジネスバイク, CD250U

ビジネスバイクとして人気が高いCDシリーズの250cc版CD250U
この当時はヤマハもYD250と言うビジネスバイク250ccを出していましたが、見事に両方こけました

今回は、CD250Uの評価からカスタムまでご紹介します

CD250U スペック

1988年

空冷4サイクルSOHC2気筒エンジン

最高出力 22ps/8.500rpm

最大トルク 2.0kg・m/7.000rpm

車体重量 146㎏

燃料タンク容量 10L

シート高 755

5速MT

ホンダのベンリィの名前は小型排気量のオートバイに使われる名称だったのですが、それを250ccに拡大して登場したがCD250U

CD125Tを共通のフレームを採用しながらスイングアームとシートレールを延長して250ccらしい体格になっています

見た目はクラシックバイクに近く、いまなら需要があるかもしれないデザインではあるのですが、当時はレーサーレプリカ絶世紀であったので、需要は生まれずに販売停止となっていった悲しき一台です

ビジネスバイクという立ち位置

ビジネスバイクとして売り出していた事が、失敗だったのか販売台数が国内においては少ないので、車体を見つけるにはちょっと難しい部分があります

ただ、CD250Uに使われているエンジンはレブルでも愛用されていたエンジンで耐久性も十分にある事は実際に証明されています



スポンサーリンク

CD250Uのおすすめのカスタムはコレだ!

ジャンルとしてはビジネスバイクとして販売されていたCD250Uは現在でいうクラシックバイクに近い雰囲気を感じます

と言う事で、クラシックバイクに近いカスタムを使用したおしゃれバイクをご紹介します

CD250U 風防

たつやさん(@iga25you)がシェアした投稿

クラシックバイクには鉄板な風防を使ったカスタム

風防をイメージするとヤンキーな方が使われるアイテムだと思う人もいますが、それだけではなく古臭い印象を与えれる便利なカスタムパーツです

エストレアや250TRなどでもカスタムに取り入れてる方は多数いますよ

CD250U ボバーカスタム

絞りが効いたラビットハンドルが特徴的なボバーカスタム

CD250Uの原型は、ほとんどなく作り込まれている車両です
お金をかけずにここまで持っていくには、かなりスキルも必要になりますが、人と被らない車体で作るには最適だと言えますね

CD250U カフェレーサー

スカチューンも施されたおしゃれなカフェレーサーカスタム

ハンドル回りもすっきりさせるために、配線の処理をして作られているので、ヘッドライトの印象がしっかりあります

また、汎用品のタックロールシートにテール周りのフレームをカットして独自にブレーキランプを取り付けていますね

CDでおしゃれなカフェレーサーを作りたい方は参考にすべきバイクです

レトロな車体に困ったら検討すべき

 

GB250やSRV250などクラシックバイクはありますが、人と被りたくない、それでいてスタンダードな車体が欲しい方はCD250Uを候補に挙げるべきです

さらに今回ご覧いただいたカスタム車両もカフェレーサー風に仕上げれば、大変かっこいい一台に仕上がるので是非とも検討してみてくださいね

そして後続車種として誕生するのが、ナイトホーク250はネイキッドらしいス タイルに変更されていきます

または、他車種でもいいならYD250を候補にあげてみてもいいかもしれませんよ