R&P(CY50)ふと足に前後キャリアを装着した可愛らしい4mini

2018-11-07HONDA, 50ccホンダ, 4mini, 原付き, R&P, エイプの歴史

 

 

R&P(CY50)

1977年

全長・全幅・全高

空冷4サイクルSOHC 2バルブ単気筒エンジン

最高出力 4.3ps/9.000rpm

最大トルク 0.37kg・m/7.000rpm

車体重量 85㎏

燃料タンク容量 6.0L

シート高 690㎜

5速MT

フロントタイヤサイズ

リアタイヤサイズ

1980年モデルでは最高出力が、4.1psにダウン最大トルクも0.36kg・mにダウンしている

ふと足でずんぐりむっくりな可愛らしいデザイン

基本的な設計はノーティダックスからのキャリーオーバーで作成されたR&P

ただ、R&Pの売り出し方が非常に面白味がある売り出し方だったのです。

それは、R&Pのカタログでも書かれている「デザインしよう。名前をつけよう。自由なバイク」の名の通りR&Pの呼び方やタンクに自社のロゴがなかったり、購入したオーナーの好きにやってください!

という、発想で開発されたミニバイク なので、ステッカーやエンブレムは付属されていながらもオーナーに任せるという意図がありました

しかし、そのままの売り出し方ではダメだと気付きマイナーチェンジ時に変更されてしまいます

また、ノーティダックスとの違いはスタイルだけではなく、ミッションが4速から5速に変更し、自由度の幅を広げています

パーツの確保はしっかりとしてください

純正パーツや社外パーツも少ないので、カスタムをする時は適合するパーツを探さないと難しい車両です

ですが、ホンダの4miniのパーツを流用できる場所は多いのとXL80のエンジンを流用して載せる人も多かった車体です

中古で購入する時はエンジンの排気量もしっかりと確認してくださいね



スポンサーリンク

R&P(CY50)おすすめのカスタム

 

R&P フロントキャリア

 

View this post on Instagram

 

Sinnnnさん(@ra_7se0046)がシェアした投稿

当時物のフロントキャリアを装着したカスタム

外装やマフラーと言ったパーツはノーマルのままで、当時オプションで販売されていたフロントキャリアが装着されています。

このパーツはDAXや他の4miniにも流用が出来るパーツで、現在は数が激変しています。もしも購入したい方はオークションで探してみてください

R&P リアキャリア

 

View this post on Instagram

 

Masatakaさん(@onedaytripper)がシェアした投稿

車体のコンディションが非常にいいリアキャリアを装着したR&P

外装やホイールマフラーと錆がほとんど見当たらなず大切に保管されている事が伝わってきます

ちなみに、このリアキャリアも絶版ですので中古パーツから購入してください

R&P スカチューン

🙌🙌🙌🙌🙌さん(@tomoshiko1179)がシェアした投稿

モスグリーンに塗装されたタンクにシート下部分を空洞にしスカチューン化されたカスタム車両

リムの輝くが一段と際立ちリアサスペンションも社外製の物に交換されています。

R&Pも中古相場も上がってきてる・・。

 

少し前はAPE50を購入するには高いのでR&Pを選択していた人もいたいのですが、現在は中古相場も15万円以上で取引される車両となっています

ふと足を履いた魅力的な4miniなので納得する反面、手が出しずらいオートバイになりつつありますね

また、ライバルだったのは同じふと足のVANVAN50だったのかもしれません