ホンダ・シルクロード自然を眺めて楽しむトレッキングバイク

2017-12-22250cc, HONDA250cc, ホンダ, SILK ROAD

この当時は、オフロードバイクが人気があるカテゴリーでした
シルクロードと名前は壮大なですが、どちらかと言えばマイナーな車両。
しかし、シルクロードも魅力があるバイクです

今回は、メリット・デメリットからカスタムまでご説明します

シルクロード スペック

1981年トレッキングバイクとして誕生したホンダ・シルクロード

スペック

空冷4サイクルSOHC 4バルブ単気筒エンジン

最高出力 20ps/7.500rpm

最大トルク 2.0kgm/6.000rpm

車体重量 141㎏

燃料タンク 11L

シート高 775㎜

6速MT

純正でシングルシートに大型キャリアを装備始動にはキックが無くセルモーターのみとなっている

トレッキングバイク

最近だと聞きなれないジャンルになるトレッキングバイクは
オフロードバイクのカテゴリーで言うと

オフロード>トレール>トレッキングバイク>ファーマーバイク

こんなイメージで考えてもらえれば十分です。またトレール車とは同等になるかもしれません

タフなエンジン

XL250Sをベースに作り込まれエンジンもXL250と同様の物を使うのですが
このエンジンが大変タフで、壊れ知らずです

また、シルクロードの代名詞でもあるスーパーローギアは、一般道では出番はないです。
しかし、ダートを走行するときには、十分のパフォーマンスを発揮します

例えば、2ストだと、ぬかるんだ道から脱出するのはパワーがありすぎてタイヤが空回転してしまう所をスーパーローギアがあるシルクロードは簡単に抜け出せるのできるのです

しかし、オン・オフと両方を兼ね備えているので、がつがつとオフロード走行ができる訳ではありません

古いので、初心者向けとは言えない

先に言っておきますが、これから付き合うバイクとしてはかなり不向きのバイクです。

バイクいじりには自信があるもしくは、面倒見のいいバイク屋さんを見つけた上で買うべきだと思います。しかし、不人気車だからこそ中古パーツが格安で手に入りますし
オリジナリティを出すには最適なバイクです

また、このクラスに期待するだけ間違いではなりますが、高速走行は向きません
トコトコと走る事をメインに考えて作られているので、まったりと楽しみましょう



スポンサーリンク

シルクロード カスタム

古すぎるゆえにどちらかと言えば、不人気車のシルクロードのカスタムバイクが
全然見当たりませんでした。

しかし、唯一見つけた車両がおしゃれすぎるので書かせていただきます!

週末はバイク弄って心の充電。#シルクロード#xl1200c #タンク交換

@goretex312がシェアした投稿 –

奥に写るXL1200も気になる所ですが、手前に写るシルクロードがカッコよすぎます。

勝手ながらカスタム内容を見る限り

マスタングタンクにベーツライト、アルミ製フロントフェンダーと
カスタムパーツが盛りだくさんです

一番に言えるのは、カラーリングセンスが抜群だと言う事ですね!

私の中で、この頃気になるなるジャンルであるヴィンテージモトクロスにピッタリの車両です

 シルクロードも貴重になっていく

出典:http://www.bikebros.co.jp/

トレッキングバイクは限られたジャンルのバイクですが、
とことこと走るバイクも魅力的です。

しかし、メインバイクと言うよりかはセカンドバイク向きなのかな。

この当時では、オンとオフを牽引してたバイクも現在は、
アドベンチャーバイクが次世代モデルとして活躍しています