スペイシー125(JF03)水冷エンジンを引き継いだスペイシー第2弾

2018-09-25125cc, HONDAホンダ, スクーター, 原付二種, スペイシー125(JF03)

スペイシー125ストライカー(JF02)をフルモデルチェンジし誕生したスペイシー125(JF03)

ストライカーのサブネームは廃止にされて豪華パーツも外された一台

今回はスペイシー125(JF03)の評価からカスタムまでご紹介します

スペイシー125(JF03) スペック

1987年

水冷4サイクルSOHC2バルブ単気筒エンジン

最高出力 11ps/7.500rpm

最大トルク 1.1kg・m/6.500rpm

車体重量 115㎏

燃料タンク容量 8.0L

シート高 750㎜

無段変速式Vベルト

タイヤサイズ(前後) 3.50-10-4PR

前モデルに比べてスリムになって登場

前モデルのスペイシー125ストライカーは高級スクーターとして販売されていたが、JC03からはリトラクダブルヘッドライトや液晶メーターなどは継承されず、ダウングレードにも感じる仕上がりになってしまったスペイシー125(JF03)

ただし、水冷エンジンや足回りはキャリーオーバーされ11馬力と当時としても高出力マシンでした。外装は曲線のエアロフォルムデザインの採用など熟成を重ねていきます

また、前モデル同様に海外でも販売されていた期間があり名称はCH125として販売され、1994年と長い期間販売され幕を閉じる

中古パーツが異常に高い

新品パーツも見当たらくなってきていますが、それ以上にオークションで販売されている中古パーツが異常なほど値上がりしています。

特にカウル類やレギュレーター、メーターと言ったパーツが非常に高いのでレストア目的で購入すると思わぬ出費に繋がるので十分に気を付けてください

スペイシー125(JF03)最高速の燃費は?

スペイシー125(JF03)の最高速は、85~90㎞/hになっています。
ただしプーリーやウェイトローラークラッチなど年代に応じてへたり気味なのでメンテナンスをしっかりと行ってくださいね

燃費は、25~30㎞/Lとまずまずと言った所です。これよりも悪い場合はキャブレターの調整やエアクリなどを点検してください



スポンサーリンク

スペイシー125(JF03)おすすめのカスタム

カスタムベース向きなマシンではありませんが、便利性をメインにご紹介していきます

スペイシー125(JF03) リアボックス

DINO208GT4さん(@vzb10405)がシェアした投稿

ロングスクリーンにリアボックスを装着した便利スクーターカスタム

原付二種の定番と言える内容のカスタムですが、やはり便利である事は間違いありません
トップケースのサイズは、32Lぐらいが車体のバランスを考えて丁度良さそうですね

 

スペイシー125(JF03) ステッカー

肉厚な段付きシートにイエローヘッドライトシールを装着したカスタム

旧車に使われていそうな肉厚なタックロールシートにイエローヘッドライトシールを組み合わせて上級者と言わざる負えない内容に仕上げてあります。

ただし、スクリーンにステッカーボムをする事でストリート風な車体になっていますね

 

スペイシー125(JF03) ローダウン

RIDE&SEEKさん(@rideandseek)がシェアした投稿

前後ローダウンにデュアルマフラーを装着したカスタム

外装などは純正に見えますが、エンジンは縦型の違う車両の物をスワップしていると思います。
年代物だからこそ個性的な仕上がりは、面白味があって素敵ですね

バイクブロスでスペイシー125(JF03)のカスタムパーツを調べる

スペイシー125

状態のいい車体を探すのは難しくなっていますが、グローバルモデルよりも純国産スクーターに乗りたい方にはオススメのモデル

そして、この後に販売されたスペイシー125(JF04)で、より評価を高めます