VT400S(NC46)スポーティーな見た目に大型同様の迫力持つアメリカンスタイル

400cc, HONDAアメリカン, ホンダ, VT400S

シャドウシリーズのクルーザーらしいスタイルから新たな変化をしたVT400S

上位モデルのVT750Sと共通フレームを採用しているので、ボディサイズも大きく400ccでも満足感を得れるサイズになっています

今回は、VT400Sの評価からカスタムまでご紹介します

VT400S(NC46) スペック

2010年

水冷4サイクルSOHC 3バルブV型2気筒エンジン

最高出力 31ps/7.000rpm

最大トルク 3.3kg・m/3.500rpm

車体重量 229㎏

燃料タンク容量 10L

シート高 750㎜

5速MT

 

スポーティーな見た目で迫力のある2本出しマフラー

上位クラスのVT750Sと車体が同一で迫力のあるスタイルに仕上げたVT400S

「カジュアル・ロードスター」がコンセプトだけあって、スポーティーなアメリカンタイプで、スポーツスター風なデザインにまとめられています

エンジンは、シャドウ400をでも採用されていた水冷4サイクルSOHC 3バルブV型2気筒エンジンを採用し、低回転から太くトルク感のある走りをしてくれる

足回りは、F19インチにR16インチタイヤを採用して街中でも扱いやすいサイズ感で初心者ライダーでも十分に堪能できる一台です

オリジナルパーツがないのが辛い

VT400S専用カスタムパーツが、ほとんど無くボルトオンで行えるドレスアップはありません

どうしてもカスタムをしたい!と言うお方は汎用品を上手に加工するか
カスタムショップでコンプリートバイクを購入するといいですね

VT400S燃費 &最高速

VT400Sの一般的な燃費は、20~24㎞/Lと最近のオートバイにしては良くありません。燃料タンク容量が10リッターであるため、航続距離で200㎞ですかね

ちょっと物足りない感じもしますが。スタイルを考えたら仕方がありませんね

最高速は、150㎞/h前後と言われていますが、到達するまでに時間がかかります。
扱いやすい速度は100㎞ぐらいとお考え下さい



スポンサーリンク

VT400Sおすすめのカスタム

VT400Sのスタイルに惚れ込んで購入している方が多いので、大々的なカスタムをされている方は少ないですね

なので、細かな場所を変えていきながらカスタムを煮詰めていく車両をご紹介していきます

VT400S デコレーションバンパー

Yaskoさん(@yasko_artist)がシェアした投稿

 

 

 

VT400S ウィンドシールド

わふさん(@wahuugouki)がシェアした投稿

 

 

 

 VT400S ビキニカウル

Toshihisa Katoさん(@cvttvy9)がシェアした投稿

純正のままだと取り付ける事が困難なビキニカウルを取り付けたカスタム

もしも、ビキニカウルを取り付けたい方は、自分で捨てを作って固定する方法が望ましいです。

またはヘッドライトを交換してしまう手法もありかもしれませんね

VT400S シェルケース

マーベルさん(@zen9yoshi)がシェアした投稿

 

 

 

VT400S サイドバッグ

 

 

VT400S バックレスト

Keita satoさん(@kantyo43)がシェアした投稿

 

 

 

思いのほかアマゾンや楽天などでもカスタムパーツが少ないので、バイクブロスで探してみるのもオススメします
バイクブロスでVT400Sのパーツを調べる!

こう言ってはなんですが・・・。

VT400Sの発売より前にVRX400と似たスタイルのバイクを販売していました。しかしながら早々に販売終了となってしまい似たようなスタイルで販売される事は、

確かに中型二輪免許でハーレーのスポーツスター風なデザインに乗れるのは大いに魅力に感じる方がいるのも事実ですが、マーケットは狭かったのでしょうね

3度目はさすがにないと思われますので、現存するVT400Sで十分に楽しみましょう

また、まだ購入していない方は、先ほど紹介したVRX400も候補にあげてみてもいいかもしれませんよ

価格帯はこちらの方が安く乗り出しできるはずです