エリミネーター400(ZL400A/B/C/D)ドラッガースタイルを追求した珍しいスタイル

KAWASAKI, 400ccカワサキ, エリミネーター400, ドラッグレーサー, ZRX400の歴史

クルーザーバイクとは違うドラッグレーサー(ドラッガー)
スタイルに開発されたエリミネーター400

日本では活躍がしていないエリミネーター500や600もデザインは一緒です

今回は、エリミネーター400の評価からカスタムまでご紹介します

エリミネーター400 スペック

1986年

水冷4サイクルDOHC 4バルブ4気筒エンジン

最高出力 54ps/12.000rpm

最大トルク 3.4kg・m/10.500rpm

車体重量 212㎏

燃料タンク容量 12L

シート高 720㎜

6速MT

エリミネーター400SE(ZL400B) 1987年

全身をブラックアウト化したスポーツエディション(SE)

小柄なビキニカウルを装着し、リザーバータンク付きリアサスペンションを装備するなど、スポーティー変化したモデルです

一番人気が高かったのもこのモデルですね

エリミネーター400LX(ZL400C) 1987年

ラグジュアリーモデルのLXは、メッキパーツをふんだんに使われているなど、差別化が図られています。スポークホイールなのも特徴の一つです

エリミネーター400(ZL400D)

最終型はシート高が低く705㎜に変更しタンク容量も13Lと向上しています。またテールカウルが違うのも特徴の一つです

 レプリカエンジンを採用したドラッガーマシン

GPZ400Rのエンジンをベースにドラッガースタイルにまとめられたエリミネーター400

元々はドラッグレースをイメージするバイクで、エリミネーター750や900が先駆けて発売された中で、400のモデルが発売された

ロー&ロングな車体にシート高は低くどっしりと構えられる
ポジションなど乗り手を選ばないバイクでもあります

また、コーナーリングもアメリカンとしては
曲がりやすくフォワードステップではないためバンク角もしっかりとありました

スタイルを追求した結果

ドラッグレーサー風なスタイルを追求した結果
タンク容量が12Lと少ないので、ツーリング時にひやひやする事があります

そんな事がないように余裕を持って給油をするか
携帯ガソリンタンクをお持ちになって出かけると安心できます

エリミネーターの最高速と燃費

年代も経っているので、そこそこの車両だとしても180㎞/hは出ます

また、理論値であれば200㎞/hとも言われてが、
到達するまでに時間がかかりますし、危ないのでやめましょう

燃費に関しては、15~20㎞/Lとバラつきがあり
アクセルの開閉や車体の状態でも変化があります



スポンサーリンク

エリミネーター400おすすめのカスタム

 

エリミネーター400 イエローレンズ

ヨウスケさん(@yosukesan3)がシェアした投稿

最終型エリミネーター400にSEのビキニカウルとイエローレンズを取り入れたカスタム

 

エリミネーター400 ビキニカウル

MOTO CROAKさん(@motocroak)がシェアした投稿

最終型の純正でも使われたフレアカラーにビキニカウルを取り入れたカスタム

アウターチューブをバフ掛けやメッキパーツを綺麗に保護されていたりミリタリーテイストなシートなど鯱あの雰囲気に合わせて作られています

エリミネーター400 アンダーカウル

SEモデルのキャストホイールにアンダーカウルを取り入れたカスタム

一番ドラッガースタイルに近いSEモデルをアンダーカウルを取り入れるとより、

エリミネーター400 チョッパースタイル

スポーツスター風タンクに、ファットタイヤ、ソロシート、セパレートハンドルとスパルタンなポジションをしたチョッパースタイル

4気筒チョッパーは珍しいカスタムでもあり、エリミネーター400にはオススメなカスタムです

車体のバランスも良く、人とは被らないカスタムをしたい方にピッタリですよ

貴重なバイクだと感じる一台

もの凄く値段が高い訳ではありませんが、やはり独特な進化をした「ドラッグレーサー」風なバイクは車種が限られてしまっています

純正パーツもだいぶ限られてきていますので、
これから乗るんだと思いの方は、パーツを保管しといてくださいね