GPX250R/R2(EX250F/G)

KAWASAKI, 250ccカワサキ, ツアラー, GPX250R

GPZ250R発売から2年後に後続モデルとして誕生したGPX250R

DCISを搭載した事や、45馬力と250cc最高出力を発揮するバイクに仕上がりました

今回は、GPX250Rの評価からカスタムまでご紹介します

GPX250R スペック

1987年

水冷4サイクルDOHC 4バルブ2気筒エンジン

最高出力 45ps/13.000rpm

最大トルク 2.5kgf・m/11.000rpm

車体重量 163㎏

燃料タンク容量 18L

シート高 745㎜

6速MT

初期モデルはアンダーカウルのロゴがGPXですが、翌年に販売されたRⅡはフロントブレーキがダブルディスクブレーキに変更された事や、アンダーカウルロゴがNinjaに変更されています

スタイルとは違って意外と軽量なバイク

そして、ポジションもセパハンながら辛さを感じない

 

また、このエンジンをベースに様々な車種が誕生しています。アメリカンモデルのエリミネーター250やKLE250 さらには250ccツアラーの代名詞ZZRもそうです

各部のパーツの供給の問題

非常に足つきもよく良いバイクなのですが、年代もそこそこたってきてい新品パーツが出ない場所が目立ち始めています

特に外装パーツは皆無なので、中古パーツの流用が必要です

それ以外には、電装類の異常や経年劣化したキャブなど様々な不具合もあるので、購入時には敏感になってみてください

GPX250R燃費と最高速は

18L収納できる大容量タンクにGPX250R燃費は良く23~28㎞/hとロングツーリング先でも困らないぐらい走る事ができます

最高速に関しては、車体の個体差も出ているので一概には言えませんが170㎞/h前後と言われています。

確かに最高出力45psと高出力ではありますが、到達するまでにかなりの時間を要するでしょうし、一般道では危険ですのおやめください



スポンサーリンク

GPX250Rおすすめのカスタム

 

GPX250R ツーリング仕様

Iwao Ariokaさん(@iarioka)がシェアした投稿


過積載にも見えるツーリング仕様ですが、250ccでツアラーモデルは数が限られていて
それに似合うのはZZRとGPX250Rの印象が私は大変強いバイクです

GPX250R GPZ900R仕様

KLASSEさん(@rinyuu0219)がシェアした投稿


最近は見かけなくなりました根強いファンがいるGPZ900R風にカウルからフェンダーに至るまでサイズダウンして製作された素晴らしいカスタム

さすがにカウルキッドを販売している事はないと思いますが、これは売れそうな気がします。

GPX250R

GarageSixtyNineさん(@garagesixtynine)がシェアした投稿

 

少しだけ値段が上がってきているけども

確かに、昔は数万円で取引されていた車両ですが、最近では少々値段があがってきているなと感じます

ただ、それでも安い事は間違いはありませんし、劣化はあっても十分なパワーで楽しめる事は間違いありませんね

昔に比べたら250ccツアラーモデルも増えましたが、GPX250Rよりも高年式がいいんだって考えている方には、同社が発売していたZZR250がオススメですよ