アドレスV125S(EBJ-CF4MA)おすすめ社外マフラー&排気音

SUZUKI, 125ccSUZUKI, マフラー, カスタム, アドレスV125S

アドレスV125Gを引き継ぎ販売されていたアドレスV125S(EBJ-CF4MA)

現在は中古スクーターがメインとなっていますが、V125Gよりも乗り回されていない車体が多く購入しやすいのが特徴があります。

今回は、アドレスV125S(EBJ-CF4MA)に取り付けられる社外マフラーの排気音とデザインについてまとめました。新品、中古マフラーを選ぶ時に参考にしてください!

アドレスV125S(EBJ-CF4MA)の純正サウンドを確認

重さ 音量
不明 不明

社外マフラーの排気音を聞く前にまずは、アドレスV125S(EBJ-CF4MA)の純正サウンドを確認していきましょう。

排気音はノーマルスクーターらしく非常に静か。マフラー音を気にしない方ならこれで十分かもしれません。

ただ、保管する環境によってはエキパイ周辺に錆が湧いて穴が開く場合があります

現在だと中古純正マフラーは、オークションやフリマサイトで多く出品されているので先に落札しておけば、このまましばらく乗れるでしょう。

また、これから社外マフラーの排気音はノーマルよりも格段と大きくなります。上記の動画と比較しながら聞き比べてみてください。

 



スポンサーリンク

アドレスV125S(EBJ-CF4MA)おすすめのマフラー9選

アドレスシリーズの純正マフラーの評価が高く、性能アップを考えて社外マフラーを検討している人は個人的にもおすすめしません。

どちらか言えばドレスアップや排気音の変更がメインの方は検討をしてみてください!

アドレスV125S(CF4MA) YOSHIMURA R-77S

重さ 音量
不明 88db/78db
素材
サイレンサー ステンレス / エンド カーボン

アドレスV125S(EBJ-CF4MA)の社外マフラーで最初に紹介するのは、ヨシムラから販売されているR-77サイクロン スリップオンマフラー

サイレンサーデザインは異形型を採用し、エンド部分をカーボンタイプのオーバル状に仕上げてあります。

排気音は低音がしっかりと耳に残りながらも適度な音量に仕上げられています

これなら長時間乗っていても煩わしく感じる事はなさそうです。

また、実際に装着されている方のレビューを読んでみても、低速がそこまで落ちず高速域の伸びが特に実感できるようです

ただ、0~60㎞までをフルスロットルで開けてしまうと、かなりの爆音に感じた方もいます。特にウェイトローラーを軽くしている人だと余計に感じるそうですね。

全体的な評価も高く取り付けにも苦労をしない点から、さすがヨシムラと言ったところでしょう。

アドレスV125S(CF4MA) BEAMS SS300チタン

重さ 音量
不明 83.5db
素材
チタン

続いては、BEAMSから販売されているSS300チタン

サイレンサーデザインはラウンドタイプにカールエンドと定番の飽きが来ない作り。

排気音は83.5dbと言う事もあってかノーマルより少しボリューム感がある程度。ただ低音が増している事もあって静かでも満足感が得れそうに感じました。

レビューについてはヨシムラとは逆で、低速がスカスカになった例と高速が伸びないというコメントがあります

しかしどう言った仕様なのかまでは、記載がされておらず判断が出来ません。

個人的には、優先順位はそこまで高くはないと正直思いましたが、やはり高級感のある焼き色が入ったチタン素材という点と、純正に近い音量がいい方向けに感じました。

アドレスV125S(CF4MA) RPM RPMマフラー

重さ 音量
不明 85db/75db
素材
ステンレス

続いては、RPMから販売されているRPMマフラー

サイレンサーデザインは旧車でもお馴染みの、P管タイプを採用し全体的に細く短い形状に仕上げてあります。

排気音は低音が強くはなっていますが、回転数が徐々に上がると消音がされて耳に優しいサウンドに感じます

これが実際の走行音となると多分60㎞以降は排気音が聞こえてこないでしょう。

また実際に取り付けてある方のレビューを読んでみると、低中速のトルクは純正同等で高速域の伸びがスムーズになったそうです

基本的なセッティングも必要としないので、駆動系の交換をされてない方でも利用しやすいと思います。

アドレスV125S(CF4MA) RealizeRacing Full Boost

重さ 音量
不明 90db以下
素材
ステンレス

続いては、リアライズレーシングから販売されているフルブーストマフラー

サイレンサーデザインはのラウンドタイプにカールエンドと定番の作りですが、110φで製作してある事もあって車体に負けない存在感が仕様に。

排気音は低音が強くアクセルで煽るとしっかりしたサウンド。ただアイドリング時の音は非常に静か

これなら深夜や早朝であってもエンジンを家の近くでかけて出勤、通学に利用しやすいように感じました。

レビューについては、BEAMS同様に出だしが遅くなった例とトルク感はノーマルのままと半々な状況

こちらもどう言った仕様なのか書いておいらず判断が付きません。

信号の間をストップ&ゴーを繰り返す方には向かないでしょうが、万人向けなマフラーだと感じました。

アドレスV125S(CF4MA) SP武川 サイレントスポーツマフラー

重さ 音量
不明 81db
素材
不明

続いては、スペシャルパーツ武川から販売されているサイレントスポーツマフラー

サイレンサーデザインは純正品によく似た形。ただし、ノーマルのスチールで作られたエキパイ部とは違い、ステンレスを採用しています。耐久性と軽量化に繋がるのでこの部分はいいですね。

排気音はノーマルよりも僅かに音量が上がったぐらいに感じます。低音がしっかりと聞きたい方向きではありませんね

また、レビューを書いている方の多くは排気音以外全てノーマル同等との事

純正マフラーの新品を購入するよりかは安く買う事が出来るので、サビに困っている方におすすめします。



スポンサーリンク

アドレスV125S(CF4MA) NRマジック X-クロス

重さ 音量
不明 78db/69db
素材
サイレンサー ステンレス/エキパイ 不明

続いては、NRマジックから販売されているX-クロスマフラー

サイレンサーデザインはラウンドタイプにカールエンドと定番の作り。エキパイ部分の素材については不明。

排気音は適度なボリューム感で耳に優しいサウンドですが、表記されている㏈よりも大きく感じます。それでも静かな事は変わりません。

またXクロスマフラーを取り付けている方も少ない上にレビュー件数も多くはありません。少ない中で参考になりそうだったの実用例から見てみると、低速トルクが若干落ちてしまうようです

ただ、ウェイトローラーなどで調整すれば乗りやすいとの事。

コスパに優れた利点があるので、とりあえず社外マフラーに交換したい方におすすめですね。

アドレスV125S(CF4MA) SP忠雄 PURE SPORT

重さ 音量
不明 88db
素材
チタン

続いては、スペシャルパーツ忠雄から販売されているPURE SPORTサイレントver

サイレンサーデザインは、ラウンドタイプにカールエンドと定番の作りなのですが、マフラーを固定する位置が高く、スポーティーなスタイルで利用する事が出来ます。

排気音は映像が古い事もあって籠って聞こえてきますが、低音がしっかりと耳で感じられ気持ちの良いサウンドになっています。アクセルをふかしてもバリバリとした音が少ないのも特徴の1つ。

忠雄のマフラーのレビューに関して言えば、やはり皆さんサウンドとデザインについて評価しています

ポン付けで性能がアップする事はないので、駆動系も同時に調整して取り付けたい方におすすめします。

アドレスV125S(CF4MA) WirusWin ロイヤルマフラー

重さ 音量
不明 87db
素材
ステンレス

続いては、ウィルズウインのロイヤルマフラー

サイレンサーデザインは太目のラウンドタイプに、wiruswin独自のホッパータイプのエンドを採用。

マフラーのサイズがしっかりとしているので存在感がある仕様です。

排気音はSP忠雄に引き続き映像が古いせいか籠って聞こえてきます。全体的に軽く聞こえてしまいますが、本来はもっと低音が強くなっているんでしょう。

レビューに関しては、見つける事が出来ませんでした

価格が安いというのが売りでもあるので、手っ取り早くマフラーを交換したい方におすすめします。

アドレスV125S(CF4MA) WirusWin アトミックツインマフラー

重さ 音量
不明 87db
素材
ステンレス

最後も、ウィルズウインから販売されているアトミックツインマフラー

サイレンサーデザインは短めなラウンドタイプにスポーツタイプと呼ばれるカールエンドを採用。

ビッグスクーターブームの時に流行った形状ですが、アドレスV125Sでドレスアップを楽しみたい方にはいいでしょう。

排気音は先ほどの古い物とは違い低音がしっかりと効いたサウンドになっています。高回転域も消音がされていますが、心地の良い音に感じました。

ただ、レビューに関しては先ほどと同じく見つける事が出来ません

マフラーの見た目が2本出しという事もあるので、性能よりもスタイル重視の方におすすめします。

アドレスV125S(SEBJ-CF4MA)に新品で購入出来るマフラーはまだあるのですが、動画が見当たらないので紹介する事が出来ません。

より多くの製品を調べたい方はWebikeからチェックしてください。


バイク用品&インプレッションウェビック

アドレスV125S(EBJ-CF4MA)中古で選ぶならこのマフラー

オークファンでアドレスV125Sのマフラーを調べる

アドレスV125Sの中古マフラーを安く買うにはオークションとフリマサイトが有効です

ただしすぐに入札をしてしまうと損をしてしまう可能性も。

まずは、実際に落札された商品の状態や価格を知るために、オークファンを使っていきましょう

そうすれば自然と適正価格がわかるようになり、お得にマフラーを手に入れる事が出来るようになります。

ちなみに、オークファンは登録料や月額料金が一切かかりません。無料で使えるツールなので活用していきましょう。

弾丸工房 弾丸マフラー

アドレスV125Sの中古マフラーで紹介するのは弾丸工房の弾丸マフラー

中古での紹介をしていますが、実際は現在も新品で購入する事が出来ます。ただしオークション限定品

価格も安く2万以内でおつりが来る事から、他車種の製品でも多くの方が購入していますね。

排気音は低音が強く抜けが非常にいいマフラー。購入しやすい価格なので気になった方はチェックしてみてください。

アドレスV125S(EBJ-CF4MA)勝手にランキング

私の独断と偏見によって、これまで紹介した社外マフラーの中からアドレスV125Sに取り付けられたマフラーのスタイルと排気音の2つから勝手にランキングにして紹介しています。

マフラー選びに悩んだ方や、背中を押してもらいたい方は参考にしてください!

 RPM RPMマフラー

出典:「RPM」

アドレスV125S勝手にランキングで1位に輝いたのはRPMから販売されているRPMマフラー。

正直この手のマフラーは、サイレンサーの加工がされていて爆音の物が多く抵抗感があったのですが、メーカーが基準に収めている物だと消音がしっかりされていて割と好みでした

もう一点は取りつけられたスタイルが非常にスマートという事

最近は大柄なスクーターが多くなり、サイレンサーデザインも車体に負けないように大きな物が取り付けられています。

その点V125Sは原付2種らしいサイズ感なので、小ぶりな物が非常に良く似合う。

また、レビューを読んでみても悪い評価が少なく安心して利用出来るのも実感できました。

アドレスV125S(EBJ-CF4MA)排気音ランキング

閑静な住宅地や早朝、深夜にアドレスV125Sに乗って出勤や通学する方は周り近所の事も考えてマフラー選びをしなければなりません。

上記でもメーカーが公表している排気音量を書いていますが、わかりやすいように表にまとめておきます。こちらを参考にして再度聞き比べてみてください

アドレスV125S(EBJ-CF4MA)排気音ランキング
NRマジック X-クロス 78db
SP武川 サイレントスポーツマフラー 81db
BEAMS SS300チタン 83.5db
RPMマフラー 85db
WirusWin ロイヤルマフラー 87db
WirusWin アトミックツインマフラー 87db
SP忠雄 PURE SPORT 88db
YOSHIMURA R-77S 88db
RealizeRacing Full Boost 90db以下

今こそ中古で乗るべき原付2種!

アドレスV125S(EBJ-CF4MA)で気に入ったマフラーは見つかりましたか?

既にスズキからアドレス110やSWISHと言ったスクーターが販売されていますが、中古バイクの豊富さと価格からV125Sの方が乗り出しやすいと思います。

また、カスタムパーツや日常的な足として使うシーンを考えても個人的にはこの手のサイズ感を強く推しています。まだ、購入をしていない方はバイク屋さんに行って直接触れてみてください!