GF250・250cc4気筒ネイキッドの先駆けモデル

2017-12-31SUZUKI, 250ccネイキッド, スズキ, GF250

GS250FWからモデルチェンジされ大幅な軽量化を施しネイキッドモデルとして誕生したGF250

レスポンスや総合的な走行性能も向上させたモデルです。
しかし、当時のヤマハのFZ250フェザーには、勝てずにいたバイクでもあります。

今回は、GF250の評価からカスタムまでご紹介します。

GF250 スペック

1986年

水冷4サイクルDOHC 2バルブ4気筒エンジン

最高出力 41ps/12.500rpm

最大トルク 2.4kgm/10.500rpm

車体重量 155㎏

燃料タンク容量 15L

シート高 750㎜

6速MT

後期モデルでは、GS250Sというアッパーカウルを装着したモデルも登場した

 250cc

RG250ガンマやGSXでも採用されていた角材型のダブルクレードルにヨシムラサイクロンに似た純正マフラーは排気効率がいい事や、エンジンサウンドも十分に楽しめた

それでいて、ギアポジションインジケーターが当時としては珍しい装備ををつけ、何速なのかわかると言 うのは、当初の初心者ライダーにもかなり身近に感じたはずですね

16インチがあだとなる場面

出典:http://www.bikebros.co.jp/

ひらひら走るには16インチサイズは申し分ないのですが、峠などのタイトなコーナーが続く場所だと切れ込むように倒れるのでヒヤッとする時があります。

少し慣れてからワインディングなどを楽しんだ方が、安心して頂けますね

もう一点が、フロントキャリパーが対向4potのはずだが、なぜだか効きづらい、個体差があったのかもしれないですが、個人的には不満に感じますね

また、不人気車なので価格を安く買えるのですがパーツが不安です。新品パーツはほとんどないと思ってください



スポンサーリンク

GF250おすすめのカスタム

GF250はCBR250やFZ250よりも出力が無かったことで、あまりヒットがしなかったので、当時もそこまでカスタムされた車両はあまりない。

ただ、現存するGF250でも十分に楽しめるカスタムをご紹介

GF250 縦2灯ヘッドライト

同サイズのヘッドライトを縦に配置したおもしろカスタム

カラーリングも落ち着いたマットグレイを採用してセンスのある一台に仕上がっていますね

GF250 スカチューン

サイドカバー、ラジエーターカバーを脱着しスカチューンに近いカスタム

立体型エンブレムを装着し、純正よりもスタイリッシュに変化しています

次世代モデルで花開く

GS250FWからCF250とパッとする事がなかったバイクですが、その次世代モデルとして発売されたGSX250Rで花開く形になりました