グース350(NK42A)シングルスポーツをひとつ上の段階に引き上げた名車

2018-03-25SUZUKI, 400ccネイキッド, スズキ, グース350

DR350のエンジンをベースに「シングルスポーツ」を確立されたグース350

「直線は退屈だ」をキャッチコピーに作られたグースは正にコーナーを楽しむには最適なマシンです

今回は、グース350の評価からカスタムまでご紹介します

グース350 (NK42A) スペック

1991年

油冷4サイクルSOHC 4バルブ単気筒 エンジン

最高出力 33ps/8000rpm

最大トルク 3.3kg・m/6500rpm

車体重量 160㎏

燃料タンク容量 15L

シート高 770㎜

6速MT

 

グースのエンジンはモトクロッサーDR350をベースとして油冷エンジンが採用されている事がスズキらしさです

グースより以前に発売されたシングルスポーツは、今で

ただ、グースはレプリカに負けないスタイルで、ハンドルからシートポジションやステップ位置までも走りに特化していた

過激な足回り

 

高回転域を持続すると痺れる

シングルエンジン特有の振動が慣れるまでは辛い場面もあると思います

それに伴って、高速走行も苦手であるグースを100㎞/hを維持して走るには辛い部分が多いです

タンデムも苦手

レーシーな雰囲気な段差のあるシートが乗り降りがしづらく、後方に乗る人は運転者よりも目線が高く恐怖感があります

さらに、元々が非力であるグースでは厳しい部分がありますね

なので、どちらかと言えばソロで楽しむバイクなので快適なタンデムをしたいと考えてる方にはオススメしません

購入する前にグースの持病を知っておこう

グース350には持病があります
これを購入する前に知っておいて購入時に役立ててくださいね

・ステーターコイルの不良

これはジェベルXC250でも起こる現象で、エンジンがストールしてしまう原因

これは突如起こる現象なので、具体的な原因がわかっていません

ただ、3万㎞を超えたあたりで壊れる方が多いので、ひとつの目安にしてください

・タペット音がよく鳴る

これは、バルブクリアランス調整で抑える事ができるます
EX側が大きくよく鳴るのが原因です

そこまで作業としてはそこまで難しくないので
音が鳴ってる方はチャレンジしてみてくださいね



スポンサーリンク

グース350 おすすめのカスタム

グースのスタイルを壊すことなく、雰囲気を格段にあげれるカスタムを中心にまとめました

グース350 ミニビキニカウル

立体型のビキニカウルではなく、丸み帯びた形状をした
ミニカウルを使ったカスタム

風除けの効果は薄いがワンポイントとして扱うには十分で使いやすいビキニカウルです

ただ、一般的に売買されてないので、こちらは高くなってします

グース350 シングルシート

純正シートを加工し、シングルシート化されたカスタム

鮮やかなオレンジ色をしたタンクに
黒をメインに作られた車体は引き締められた印象です

確証は言えませんが、シングルシートはパテ埋めて成型されているはずです

手間はかかりますが、一工夫で変化できるのでお試してくださいね

グース350 GS1200SS風

TETSUYA (^o^)さん(@zx.12rf)がシェアした投稿

個人的に痺れたGS1200SS風カスタム

根強いファンがいるGS1200SSのデザインをグースで再現するには難しです

しかし、個性的なフォルムを十分に再現してる他にも
カウルフィッティングの良さが引き出された素敵な一台です

グース350 ローダウン

nawoki_ssさん(@nawoki_ss)がシェアした投稿

直線は退屈だと言うグースをあえてローダウンしたカスタム

コンセプトに反骨するようなローダウンされた車体はコーナーは間違いなく運転しづらいはず

しかし、見た目とは反してタンクからシートレールまでの曲線が美しく、これならタンデムも楽にできるかもしれませんね

異端児ってスズキらしい

スズキ=変態なんて言われてしまう場面もありますが
グース350を見ると納得せざる負えないバイクです

ですが、けしてスズキが悪いのではなく尖っているという事

個性あるバイクを作ってくれるのはスズキが一番メーカーだと思うからこそスズキ菌に感染する人は多いはずです

また、250ccでも乗れるグース250もあるので車検が気になるかたはこちらがオススメです