GS400E(GK54A)名車の名前を引き継いで迷車になったヨーロピアンバイク

SUZUKI, 400cc

1977年に販売されたGS400は現在も人気旧車でプレミアム価格で販売されていますが、その後に販売されたGS400E(GK54A)は不幸な運命をたどる結果に

今回は、GS400E(GK54A)の評価からカスタムまでご紹介します

GS400E(GK54A) スペック

1991年

空冷4サイクルDOHC 2バルブ2気筒エンジン

最高出力 39ps/9.500rpm

最大トルク 3.2kg・m/8.000rpm

乾燥重量 169㎏

燃料タンク容量 17リットル

シート高 760㎜

6速MT

GS400と言えば、人気旧車をイメージしますがGS400Eは不人気を歩むバイクになってしまいました

元の設計が、輸出専用のGS500Eをベースに作成されたのでエンジンや角型スチール製ダブルグレードフレームなどを採用して耐久性は確かな物に仕上げたものの、最高出力が39psとなんとも言えないスペックになってしまっています

ただ、GS500Eは海外では非常に人気が高く、1989年から販売され派生モデルのGS500Fと一緒に2011年まで活躍していました

と、言うよりかはGS500Fが隼みたいな一つ目デザインで大変素敵なので、400ccで販売しても売れると思いますね

 

不人気車両だったので、販売台数も少なく社外パーツもほとんど見当たりません

しかし、欧米では大人気であったので「セカイモノ」などを使えばGS500Eのパーツを入手する事ができます

ただ、国内で販売されていたGS400Eとはリアカウルなどの設計が違うので外装部分は流用が効かないパーツも多そうですね



スポンサーリンク

GS400E(GK54A)おすすめのカスタム

どうしてもGS400Eは販売台数が少ないためカスタムされた車両も探す事はできませんでした

しかし、GS500Eと外観は一緒ですのでそちらのカスタムをご紹介していきます

海外カラー

Nahkriin|FR| 🇫🇷さん(@nahkriinfr)がシェアした投稿

最近まで販売されていた海外限定GS500E

カラーリングとシートカウルの変更でここまで変わる事が驚きです
やはり、不人気になってしまった車両はテールがカッコよくない車両が多いんですよね

GS400Eもテール周りをシャープに整えるとストリートファイター風に仕上げる事ができるはずです

フルカウルバージョン

Marieさん(@k_marlie)がシェアした投稿

GS500Fのモデルチェンジ前の車両

RG250Γのようなのっぺりとしたフロントカウルが特徴的なデザインだったみたいですね

ただ、先ほどの一つ目

イエローヘッドライト

Johny Bitarさん(@johny_bitar)がシェアした投稿

イエローヘッドライトに、フォークブーツブロックタイヤとダートでも活躍できる内容に仕上げたカスタム

オフ車ほどの戦闘力はないにせよ

カフェレーサー仕様

Petroladdictsさん(@racersfinest)がシェアした投稿

車体全体をブラックアウト化し、テール周りをカットしたカフェレーサー風なカスタム

立体的なタンクだと

普段はニーグリップをしてメーカー名を隠してしまいますが、バイクから降りると見えるように仕上げてあるのが個人的には好み

 

一応ヨーロピアンテイストと言われる車体ですが、どうやってもフルカウルのバイクをカウルを剥いだ車体にしか見えないのがGS400Eの残念な部分です

ただ、GS500Eのカスタムを参考に車体を仕上げれば、あなた好みのバイクが出来上がるかもしれません

 

SUZUKI, 400cc

Posted by KZ