GSX250FX・カワサキと提携しOEM車両として誕生

SUZUKI, 250ccネイキッド, スズキ, GSX250FX

カワサキとスズキが技術提携をして販売されたGSX250FX

この形から連想されるようにカワサキのバリオスⅡとなっているので、スズキが販売していたバンディットシリーズとは違いながらも4気筒エンジンを積んだバイクとして親しまれていました

今回は、GSX250FXの評価からカスタムまでご紹介します

GSX250FX スペック

2002年

水冷4サイクルDOHC 4バルブ4気筒エンジン

最高出力 40ps/14.000rpm

最大トルク 2.1kgm/13.000rpm

車体重量 173㎏

燃料タンク容量 15L

シート高 745㎜

6速MT

 

業務提携から生まれたモデルなのでバリオスⅡと違いはほとんどありません

運動性能も十分でありクオーターマルチサウンドも甲高い音で走れて気持ち良くもありますね

車体重量も151㎏でありホイールベースが短いので、取り回しから峠の下りでは十分な戦闘能力もあります

また、バリオスはカスタムパーツも豊富なので、当然ながらGSX250FXは流用も可能です

これまで見てきた車両では、バリオスよりやれてる車体が少なくも感じますが、元の車体数の数の少なさが影響してるかもしれませんね

人気車種によってだいぶ球数が減ってきている

 

バリオス同様にGSX250FXも段々と姿は消してきています。

業務提携などを知らない人からしたら「あぁ、バリオスのパクリね」など言われることもあります。

ちょっと悲しい部分ではありますが、人によってはタンクにバリオスのロゴを取り付けたりしていますよ。

GSX250FXとバリオスⅡの違い

車体自体は変わりがほとんど無く、純正キーの柄が違う点や、カラーリングに違いはありますがほとんどありません

言うなればバリオス3型と呼べるバイクなので、これからはより基調になるので大切に乗っていきましょう



スポンサーリンク

GSX250FXおすすめのカスタム

バリオスⅡのカスタム内容と変らないで、数が多いことから他にカスタムをご紹介しているのでこちらをご覧ください

唯一、GSX250FXらしいカスタムがこちらです

GSX250FX オリジナルカラー

obata32104さん(@obata32104)がシェアした投稿


スズキの得意とする クーリーカラー風な車両はスズキらしい車体ですね

これば、一番GSX250FXらしい車両だと感じます

同系統カラーのビキニカウルとアンダーカウルを使えばボリューム感もして重厚感も生まれるのでお試してください

バリオスⅡより安く買える

 

発売元が違うことや、あの頃には十分に車体があったので購入してる方も少なかったのかなと感じます。

ただ、今になれば現存する車体が減るばかりなので、バリオスⅡの値段でお悩みの方はGSX250FXも候補に入れて考えるのはいかがでしょうか?