GSX400E(GS40X)ツインエンジンで当時高出力マシンとして風靡したGS400の後継機

SUZUKI, 400ccスズキ, 旧車, GSX400E(GS40X)

スズキの人気バイクGS400の後継機として誕生したGSX400E(GS40X)

ザリガニの形状に似ている事からファンの間では「ザリ」と愛称で呼ばれて旧車好きから愛されている一台です

今回は、GSX400(GS40X)の評価からカスタムまでご紹介します

GSX400E(GS40X) スペック

1981年

空冷4サイクルDOHC 4バルブ2気筒エンジン

最高出力 44ps/9.500rpm

最大トルク 3.7kg・m/8.000rpm

車体重量 190㎏

燃料タンク容量 14L

シート高 不明

6速MT

当時は、4気筒400ccが盛んになり始めた頃で特にカワサキのZ400FXが人気車両の時代。でも、スズキは4気筒ではなく2気筒のGSX400Eの販売に踏み切ります

DOHC4バルブ化を真っ先に取り入れて最高出力も44psと十分なパワーを持ちショートストロークエンジンでアクセルの開閉に応じて俊敏な動きができる画期的なオートバイ

また、この当時のハイテク機構 ANDF(アンチ・ノーズ・ダイブ・フォーク)を採用した事で、乗りごちはソフトに柔らかさを感じる足回りで、燃料効率をアップさせるTSCC(ツイン・スワール・コンバスチョン・チャンバー)も採用されていました

 

1981年にマイナーチェンジを受けフロントがダブルディスク化し、キャリパーも変更。タイヤも若干のサイズアップをして誕生しています

また、海外ではGSX450Eモデルが販売されていて日本でも稀に販売されています。ただパーツの共用がどこまでされているのか定かではありません

もしも、450E購入する時にはサービスマニュアルも探してくださいね

中古車を選ぶときは良質な車体を選ぶべき

どうしても二気筒の旧車は「吸い込み」に憧れを持った方々が購入した後に無理なセッティングをしてしまうので、中古車を購入する時に各部にダメージを負った車体が多いです

出来る限りレストアされた車体を購入した方が安心して乗れると思いますよ

または、250登録してオークションで売り出している方がいますが絶対に購入しないようにしてくださいね



スポンサーリンク

GSX400E(GS40X)おすすめのカスタム

GS仕様などもありますが、今回はGSX400Eらしさおすすめする方無をピックアップしています

GSX400E(GS40X) セパハン

78performanceさん(@78_tetsu)がシェアした投稿

旧車らしい仕上げられたGSX400Eのカスタム

イエローレンズにアルフィンカバー、段付きタックロールシートと王道カスタムパーツをチョイスしながら、これ以上にバランスを壊してしまうと族車と思われてしまうので、バランスに優れたカスタムだと思います

 

GSX400E(GS40X) シングルシート

セパハンの角度も良く品のある街道レーサーに仕上げたカスタム

オリジナルと社外部品のバランスも良く非常にカッコいいカスタムだとわかります

リアサスにはヨシムラを採用し、ホイールはBEET製の物チョイス。そしてシングルシートはセレクトを取り入れているみたいです

 

GSX400E(GS40X) レーサー

ichibaanさん(@pass.side)がシェアした投稿

 

純正パーツを探す方が難しいほどに仕上げられたレーサースタイル

アッパーカウルのヘッドライト取りつけ位置もセンターから少しずれているのが、またカッコいい

オーナーさんの愛を感じる内容になっていますね

 

トラッカー

Yossawee Songsiriさん(@m_mean_m)がシェアした投稿

なかなかGSX400Eをトラッカースタイルに仕上げている車体は見かける事がないと思います

さすが、海外の方らしい仕上がりです

 

海外カフェレーサー

BlackCustomBikesさん(@blackcustombikes)がシェアした投稿

日本の旧車だと純正の車体を活かしたカスタムが多いですが、海外製で作られたGSX400Eは、一味違った内容に仕上げられています

定番なのは、ループ加工をして社外シートに張り替える
これだけで車体の雰囲気を変える事ができますね。ただし1度してしまうと後戻りができないので気を付けてください

 

評価は良くても見た目がうけなかった

GSX400Eの最大の要因はGS400に比べてもっさりとしたデザインだった事があまり売れない車体になってしまった結果かもしれません

ただ、現在は旧車の割に値段は落ち着いていて乗り出しもしやすい一台です
当時の2気筒最速と言われたGSX400Eに触れてみるのも楽しいかもしれませんよ

また、この後にモデルチェンジを迎えて外装をがらりと変えて誕生したGSX400E(GK51C)が誕生しています