SRV250/ルネッサおすすめ社外マフラー&排気音まとめ

250cc, YAMAHAマフラー, SRV250, ルネッサ, カスタム, SRV250S

ヤマハのアメリカンビラーゴ250のエンジンをベースにトラディッショナルスタイルで誕生したSRV250/ルネッサ

V型2気筒エンジンを積んだクラシックバイクは他社を見てもほとんど無く、おしゃれに見えるオートバイです。

今回は、SRV250/ルネッサに取り付けられる社外マフラーのデザインと排気音についてまとめています。新品、中古でマフラーを選ぶ時に参考にしてください!

SRV250/ルネッサ 純正サウンド

重さ 音量
不明 不明

社外マフラーの排気音を聞く前にまずは、SRV250/ルネッサの純正サウンドを確認していきましょう

ノーマルで装着されているマフラーのデザインは、2in2の形状をしてメガホンタイプになっています。

排気音を聞いてみると、ノーマルでも適度なサウンドで心地よく個人的には好みな音域です。これから聞く社外マフラーの音は、ノーマルよりも大きいので上記の動画と聞き比べるようにしてください。



スポンサーリンク

SRV250/ルネッサおすすめ社外マフラー

SRV250/ルネッサに新品で購入出来る社外マフラーありません。新車で販売されていた当初はわかりませんが、元々マフラーの種類が少なかったようにも感じます。

また、カスタムパーツも豊富な車体でもありません。どうしても汎用品に頼りざる負えない状況になっています。

まだ、純正パーツが販売されていますが、長くSRVを乗り続けたい方はWebikeから発注しておく事をおすすめします


バイク用品&インプレッションウェビック

SRV250/ルネッサ中古で狙うならこのマフラー

オークファンでSRV250/ルネッサのマフラーを調べる

SRV250/ルネッサの中古マフラーを調べてみましたが、あまり多くはありませんでした。ただ、その中で種類と安さが目立ったのはオークションとフリマサイトの2つです

ただし、すぐに入札をしてしまうと損をしてしまう可能性も

まずは、オークファンを使って実際に落札された商品の状態や価格を把握していきましょう。そうすれば、自然と適正価格がわかるようになり、お得にマフラー手に入れる事が出来るようになります。

ちなみに、オークファンは登録料や月額料金が一切かかりません。無料で使えるツール是非とも活用してみてください!

SRV250 スーパートラップ

SRV250/ルネッサの中古マフラーで最初に紹介するのは、スーパートラップマフラー

最近まで新品で購入する事が出来たスーパートラップマフラーは、SRVの中古マフラーの中でも1番出品されています。

取り付けた時のスタイルは、メガホンタイプの形状をしてエンド部分に入れる、お皿の枚数に応じて排気音の大きさを調整出来るようになっています

動画の排気音を聞いてみると、ドロドロとしたV型特有のサウンドながらレスポンスが非常に良く重低音が強くなっていますね

また、適度な音量なのが扱いやすくツーリング時にのんびり走る時も排気音を耳で楽しめそうに感じました。

KIJIMA コルサマフラー

続いては、キジマから販売されていたコルサマフラー

スーパートラップマフラーよりかは出品数は多くはありませんが、その次によく見かける事が出来ます。

取り付けられたスタイルは、コーンオーバルタイプのマフラーでエンドがテーパーエンド状に仕上げられています

排気音は、かなり静かに聞こえてきますね。これだと閑静な住宅地に暮らす方や、早朝、深夜にSRVに乗って出勤される方にもおすすめできます。

SRV250 MOTO-DOGワンオフマフラー

神戸にSR専門店としてお店を構えるMOTO-DOGが、ワンオフで製作したマフラーです。なので、中古で購入する事は出来ません

ただ、現在もSRV250のマフラーをワンオフで製作はしてくれるそうです。過去には、リバースコーンタイプなども作っているので相談してみる事をおすすめします

どちらかと言えば、ダートトラッカータイプに似合うマフラーの形状ですが、ルネッサにも意外と馴染んで見えますね。排気音も適度な音量に仕上げられていますが、スパトラの二本出しと言う事もあってアメリカンのようなサウンドに仕上がっています。

意外性もあるので、個性的な車体に仕上げたい方はワンオフを狙ってみるのもありですね。

 

MOTO-DOG公式サイトはこちら

キャブトンマフラー

続いてもワンオフで、製作したキャブトンタイプのマフラー

動画を見ている限りだと中間パイプの製作もしていないので、キャブトンのサイズさえ合えば、もしかしたら個人でも出来るかもしれません。

排気音は、V型らしい鼓動感のあるサウンドにも聞こえてきますが、クセルのオンオフではわりとしっとりとした音に聞こえてきます。個人的には、クラシックバイクによく似合うキャブトンタイプは狙い目に感じました。

トランペットマフラー

最後は、SRV250にトランペットマフラーを流用した映像。

こちらは、個人で加工手順まで映像にしてあるので、流用まで考えるとかなり参考になります。ただし、溶接が必須なのでお店に依頼するなども検討してください。

映像途中にトランペットマフラーを縦に切れ目を入れて加工をしています。チェーンとのクリアラスはかなりギリギリに見えますね。

そして、気になる排気音は、回転数を下げて撮影しているせいか、三拍子のようなサウンドに仕上がっています。それでも回転数が上がっていくとスポーツ性のある音に変化していますね

SRV250/ルネッサ純正マフラーの流用

SRVのマフラーは内部に混入した水が抜ける道が塞がってしまい、内壁が腐って穴が開いてしまう車体が多くあります。

純正マフラー自体が高価な車体なので、XJR1200のノーマルマフラーを流用した映像を見てみましょう。

排気音は、ノーマルを流用しているのでノーマル同等のレベルです。ある程度工具が揃っていればそこまで難しい作業では無さそうです。

取り付けや加工で参考になるサイトを下記に貼っておくのでチェックしてください。

リターンライダーのひとり言

モンキーからSRV250へ



スポンサーリンク

SRV250/ルネッサに流用出来るマフラーは?

SRVとルネッサに使われているエンジンは元々は、250ccで販売されていたビラーゴが元になっています。

一応マフラーを流用する事が可能ですが、ポン付けは難しいようです。現物合わせをしながらステの調整やカラーを入れたりしなければならないので、工具がある程度持っている方におすすめします。

ビラーゴの物を流用したのがこちら

映像を見てみると、部品屋K&Wから販売されているショットガンマフラーを流用したように見えます。

スタイルが非常に綺麗なSRV

何かお気に入りのマフラーは見つかりましたか?

トラディッショナルなデザインに小柄で扱いやすいサイズ感は女性やリターンライダーにもオススメ出来る車体です。

段々とパーツも減ってきていますが、乗り出し価格も安いので、まだお持ちでない方は是非ともバイク屋さんに行って直接触れてみてくださいねー!