TDR250・レプリカエンジンを使った速すぎるオフロードバイク

250cc, YAMAHAヤマハ, TDR250, モタード, デュアルパーパス

未だにファンを離さないバイクとして知られるTDR250
エンジンにはTZRを使用した速すぎるオフロードバイクとして知られています

また、デュアルパーパスモデルと言われながらもモタード仕様にする方が多く足回りをカッチリと固めた車両を多く見かけるバイクです

今回は、TDR250の評価からカスタムまでご説明します

TDR250 スペック

1988年レーサーレプリカのエンジンを積んだデュアルパーパスモデルとして話題を呼んだTDR250

水冷2サイクルクランクケースリードバルブ2気筒エンジン

最高出力 45ps/9.500rpm

最大トルク 3.6kgm/8.500rpm

車体重量 151㎏

燃料タンク 14L

シート高 820㎜

6速MT

モタードの原型と言ってもいいと思う

デュアルパーパスモデルと言われて発売されていますが、モタードの原型として使われてる方が多くいます

冒頭でお話した通り、このバイクのエンジンはTZRのエンジンを搭載していて、ギア比の分だけ最高速は落ちていますが、加速からトルク感はしっかりとありスタートダッシュは爆発的な速さを誇ります

また、足回りの柔らかさとフレームのしなやかさが、バランスが良く、このバイクの楽しさをより伝えてくれますね

貴重になりつつあるバイクですが、興味がある方は是非とも乗って頂きたい一台です

 不安な事は部分はパーツの供給性

TDR自身の外装パーツはまだ見かけますが、一番はエンジンですね。こればかりはTZR繋がりを活かして中古パーツを上手く活用するしかありません。

このバイクと上手く付き合うには乗りてが整備できることが大切ですね。

また、中古バイクの値段も高いですね。
愛されるバイクの宿命ではありますが、これから付き合うのにこの値段を出すのは、勇気がいると思います。

TDR250 最高速&燃費

TDR250の平均的な燃費は16~20㎞が一般的です
こちらは、アクセルの開け方で前後しやすい事や、吸排気系を交換してる場合はもっと悪くなります。

最高速度は175㎞と言われています。
TZRのエンジンとは言えどもここまで早く走れるオフロードバイクってすごいですよね。




スポンサーリンク

TDR250おすすめのカスタム

アッパーカウルが特徴的であるバイクなので、取り外す方は少なかったですが、一部丸目ヘッドライトに変更された素敵な車両がありましたのでご覧ください

TDR250 倒立フォーク

フロントフォークを倒立タイプに変更されたカスタム

それにともなってキャリパー類もブレンボに交換されています

加速感もあるTDRで足回りをキッチリ仕上げてあげれば街中からツーリングまで幅広く楽しめるカスタムです

TDR250 ダウンチャンバー

前後ホイールをキャスト化されたモタード仕様ですが、こちらはダウンチャンバーに変更されています。

1KT用のチャンバーならステの変更で大体の物が取り付ける事が可能です

見た目も変わるので、お試してくださいね

クラシックネイキッド

パっと見てTDRと判断ができないほどの作り込みです

ネイキッドスタイルながらもロングサスペンションのスタイルは跨った時にどんな目線になるんでしょうかね

ここまで作り込んだオーナーさんに拍手です

トラッカーカスタム


保安部品がないのでレースで使用されているのでしょうが、ビンテージトラッカーの様なカスタムがかっこいいですね

フロントブレーキが見当たりませんが、この場合どうやって止まるんでしょうか・・・。

コンセプトモデル


海外の方が、TDR250のコンセプトモデルとして想像して作ったモデル?なのだと思います

しかし、フロントのフェイスを交換すると現代的に見えてカッコよく仕上がるんですね

ただ、タイヤがちょっと太すぎるような気もします。

TDR250と言う個性

出典:http://www.bikebros.co.jp/

TDR50とTDR80やTDR125は存在していますが、やはりこのTDR250が私の中では別格のバイクです。

特徴のあるアッパーカウルに走破性も十分で、街乗りからツーリングまで幅広く使えるモデルです

しかし、どうしても年式の問題があるので、その点だけを考慮すると付き合うのは難しさを感じる場面ではります

ただ、このバイクの魅力は人を離そうとしない事からエンジンが焼き付いても載せ替えを繰り返して愛用する方がたくさんいるんでしょうね