TW200(2JL/DG07J)ストリートバイクを誕生させたヤマハの名作

2017-12-31250cc, YAMAHAヤマハ, ストリートバイク, TW200

ストリートバイクというカテゴリーを誕生させる前のTW200

元々はオフロードバイクでも辛い道を楽しめると言ったオフロードを想定して作られたバイクで、純正ヘッドライトはベーツライトではなく、四角いヘッドライト使用された

ただ、カスタムショップによって作られたモデルから
ドラマに起用された事で一時空前のストリートバイクブームを作り出す

今回は、TW200の評価からカスタムまでご紹介します

TW200 スペック

1987年

空冷4サイクルSOHC 2バルブ単気筒エンジン

最高出力 16ps/7.500rpm

最大トルク 1.6kgm/6.500rpm

車体重量 126㎏

燃料タンク容量 7L

シート高 790㎜

5速MT

初期モデルはヘッドライトなどが特徴にもあがるが、強制開閉キャブが使われているモデルで、レスポンスの良さやメリハリがある走りをしたい方にはオススメかもしれない

1998年代には丸形のヘッドライトを使用され現在も見かけるTW200になる

そして、2000年でフロントブレーキがディスク化がされる事や負圧式キャブレターに変更されるなどマイナーチェンジが行われた

 アドベンチャートレールと呼ばれていた

最近でこそアドベンチャーバイクと呼ばれるジャンルが出来上がっているがTW200は当初はアドベンチャートレールバイクとして誕生したバリバリのオフロードマシンでした

その当時は、TW200の人気は下火でもう少しでカタログから外されるはずだったバイク

しかし、2000年に放送されたビューティフルライフで主人公を演じた木村拓哉が乗っていたTW200のストリートチューンで一気に人気火がつき街中でTW200を見かけない日はないほどに乗られるバイクとなり

ストリートバイクを定着さえたと言っても過言ではありません

現在は、人気は落ち着いていますが、中古車体も多く安く買える事が、かなりのメリットで軽くて街中を気軽に楽しめるモデルとして今も親しまれている

当然ながら非力なバイクである事

元々が砂浜やダートで走れるバイクとして作られていて低中速にトルクをメインとしたバイクなので、トップスピードを維持するには、自分の精神衛生上よろしくありません

また、カスタムバイクもハードな使用が多かったので、ダメージを負った車両を多く見かけます

中古バイクを買う時は純正である事や、高年式を狙う事をオススメします。



スポンサーリンク

TW200おすすめのカスタム

TWと言えばストリートカスタムと呼ばれるスカチューン化やロンスイがメインですか、今回はそれ以外にも個性あるカスタムをご紹介

TW200 ハンドルカバー

BWXさん(@bwx232)がシェアした投稿

後期型に初期型のヘッドライトを移設したカスタム

おしゃれなペイントに変更もされたオフロードバイクらしいカスタムとなっています。

TW200 スカチューン

Kazuma Onoさん(@amuzak_o)がシェアした投稿

ストリートカスタムが流行った時に定番なのがスカチューンカスタムです

シート下のエアクリーナーボックスやバッテリーレス、電装系の移設など様々な事を行わなければなりませんが、定番人気なのは納得できるカスタム内容になっていますね

TW200 ロンスイカスタム

MASATOSHIさん(@a.hotchner)がシェアした投稿


当時の王道カスタムであり、今見ても個性的なカスタムです

乗り味に関してはなんとも言えませんが、やはり見た目にインパクトがあるので人の目を引きますね

TW200 トラッカーカスタム


海外の方が作り上げたカスタムですが、GXのタンクかRDの初期型タンクを使用したトラッカーカスタム

タンクからシートまで一直線に作られ、おしゃれで大変カッコいいカスタムです

TW200 スクランブラー


ちょっとイラストなのかカスタムされたバイクなのか判断が付きませんが、大変カッコイイカスタムです

DTシリーズのタンクにシートレールまでフラットに作られると旧車風なバイクに仕上がるので、おすすめしたいカスタムです

TW200 ロングチョッパー


フロントフォークの延長からフレームにまで手をかけたロングチョッパーカスタム

お店のカスタムモデルとなっていますので、個人でここまで作り上げるには大変だと思いますが、参考にするにはオススメなカスタムバイクです

TW200と言うバイク

元々のコンセプトとはだいぶ離れてしまったバイクですが、ストリートバイクと言う新ジャンルを確立した事で、この後に続き各社から様々なモデルが発売されて活気づき

今でも知られるバイクが多数存在します

何か新たなジャンルが産まれてそれがファッションにリンクすれば、また新しいジャンルが確立されると思いますが、今のところ難しそうですね