WR250Xおすすめのカスタム15選【ヤマハ最強のモタード】

2018-11-07250cc, YAMAHAヤマハ, カスタム, モタード, WR250X

ヤマハの人気バイクWR250Rとは違う性能を持つマシンとして誕生したWR250X

250ccモタードの中でも最速レベルのバイクで海外での評判も非常にいい車体です

今回はWR250Xのライトカスタムから実用的な内容までまとめていますので、じっくりと読んでみてください

WR250Xおすすめのカスタム15選

WR250X ヨシムラマフラー

 

View this post on Instagram

 

@robformanがシェアした投稿

手始めにマフラーを交換したい人にオススメしたいのが「ヨシムラマフラー」です

純正マフラーが5.1㎏に対してヨシムラは3.3㎏と1.8㎏の軽量化が可能な事と音量が91dbなので、そこまでの五月蝿さは感じない仕様になっている

ドレスアップパーツとしても使えるヨシムラマフラーはFWFに比べてしまうとWRに取り付けるのは少数派かもしれません。しかし、リア回りの一体感と国産ブランドマフラーは安心して使う事ができますよ

WR250X SP忠雄パワーボックス

 

View this post on Instagram

 

Kobayashi Keitaさん(@keita.937)がシェアした投稿

国産マフラーでお馴染みのSP忠雄が作る新たな排気系カスタムパーツ「パワーボックス」

パワーボックスとは、エキゾースト部分に膨張室を設ける事で、今まで感じたことが無いパフォーマンスを発揮する事が出来る第3の排気システムとも言われています。さらに、社外マフラーに合わせて利用する事もできますし、ノーマルのサイレンサーと一緒に利用する事も可能。

ギアの繋がりがスムーズでアクセルの開閉に応じてしっかりとパワーがついてくると意見が多いアイテムなので、全開走行する方にも街乗りでレスポンスを重視の方にもおすすめのパーツ

 

WR250X ステッカー

@freedom_supermoto_crewがシェアした投稿

モタードバイクと言えばステッカーカスタムは定番中の定番。ただごちゃごちゃするのは嫌だと言う方にはワンポイントで利用できるタイプがオススメです。

特にロックスターやFOX、Monsterと言ったオフロードに精通するシールはワンポイントで貼っても不自然ではありません。率先して自分色に染めていきましょう

WR250X ハンドガード

 

View this post on Instagram

 

his_758さん(@his_758)がシェアした投稿

オフロードやモタードバイクの定番のカスタムと言えば、ハンドガードです。樹脂タイプと金属ガードに分かれますが、ここは好みやシュチュエーションに応じて好きな物を選んでください

指先の保護をもしっかりとして、尚且つドレスアップも出来てしまう画期的なアイテムなのです

 

WR250X ハイシート

MxGFX 🔥 Motocross decalsさん(@mxgfx)がシェアした投稿

オフロードやモータドバイク全般的に長く乗っているとお尻が悲鳴を上げ始めてしまいます

そんな方にオススメしたいのは輸出モデルにも使われている「ハイシート」です。日本製に比べて30㎜ほど高さが増すのでポジションも良くロングツーリング時に力を発揮してくれます

ただし、足つきは悪くなので「購入して足が届かない・・。」なんて事が無いように気を付けてください。

最悪少しだけアンコを削って調整してみてもいいかもしれませんね

WR250X ウイリーバー

 

View this post on Instagram

 

Trevor Jさん(@moto.trev)がシェアした投稿

モタードバイクでエクストリーム仕様をして楽しみたい方にオススメなのは「ウイリーバー」です

しかし、日本では輸入アイテムがメインとなってしまい購入する価格もとても高いんですよね。いっその事ワンオフで作ってしまうか町工場に相談して格安で作ってもらうのも手かもしれません



スポンサーリンク

WR250X ダウンミラー

YU-KIさん(@808allday223)がシェアした投稿

ハンドル回りをスッキリとさせてカッコよく乗りたい方におすすめなのが「ダウンミラー」

こちらのミラーはハンドル下から装着するので、上部に物がない事からスッキリとした見栄えにする事ができます

ただし、人によっては視野性が悪くなるので注意も必要です

 

XR250X キャリア

AJ Goodさん(@ihateajgood)がシェアした投稿

WR250Xに荷物を載せたい方にオススメしたいのが「リアキャリア」

ただし、普通のリアキャリアではなく荷物を外している状態でもおしゃれな「マルチウィングキャリア」がオススメです

ロング キャンプツーリング時に荷物を多く載せたい時こそ重宝するのでお出かけ大好きな方には必須のアイテムですよ

WR250X ボックス

maxicanponyboyさん(@mxcnponyboy)がシェアした投稿

先ほどご紹介したリアキャリアに合わせてオススメしたいのが「リアボックス」

特にアイリスオーヤマはカブシリーズやセローを愛用している方からも評判がいい箱型タイプのボックスで容量の種類も複数の中から選ぶことが可能です

また、この画像の用にボックスの上に荷物を積んで固定用ベルトでガッチリとホールドしてしまえば、沢山の荷物を運ぶことが出来ます

 

WR250X エンジンスライダー

unknown_wr250xさん(@unknown_wr250x)がシェアした投稿

転倒時に最小限に抑えるエンジンスライダーはWR250Xにもおすすめのパーツです

ちょっとした見た目の変化を与えてくれるので、ドレスアップとしても使えると言っていいと思います。また樹脂製品ですから取り付けても車体重量をほとんど増すことなく利用する事ができます

WR250X ローダウンシート

渡辺 拓海さん(@nabezow)がシェアした投稿

WR250Xの足つきを良くしたい方にオススメしたいのが「ローダウンシート」

純正よりも30㎜下げる事ができるので、840㎜と格段に足つきを良くすることができます

ただし、先ほどハイシートでご紹介した通り純正でも長くWR250Xを運転しているとお尻が痛くなりやすいです。それよりもアンコが無いという事は、より負担をかけてしまうのでゲルザブを同時に利用する事をオススメします

 

WR250X マルケジーニホイール

 

View this post on Instagram

 

HIMAMOTO KENさん(@himaken28)がシェアした投稿

WR250Xに社外ホイールを取り付けるとしたらマルケジーニとゲイルスピードこの2つで悩む方が多いと思います。

今回はマルケジーニホイールを取り付けてあるカスタム車体もピックアップしていますが両者ともに悩んでしまうパーツです。それに値段も高いのでこちらは店頭に出向いてじっくりと吟味してください



スポンサーリンク

WR250X スクリーン

jesse pierceさん(@pierce188)がシェアした投稿

長時間のツーリング時に活躍してくれるのが「スクリーン」です

やはり、風を浴び続けているとその分だけ疲労が蓄積されてしまうので風除けできるスクリーンは大切なパーツです

普段は取り外しも簡単なので自由に取り付けて利用してくださいね

WR250X スキッドプレート

スキッドプレートは本来であれば、林道や獣道を走る時にエンジン下を守るために取り付けるパーツです

ただし、見た目の変化を与えてくれるパーツでもあるため取り付けてドレスアップを楽しむのもおすすめです

WR250X デカール

 

View this post on Instagram

 

りぷとんさん(@lipton_wr250)がシェアした投稿

車体全体の雰囲気をガラリと変えたい方にオススメしたいのが「デカールキット」です

WR250X用に販売されている物が多く種類も沢山の中から選ぶことが可能です。乗り慣れてきたWRに何かアクセントを付けたい方は是非ともチャレンジしてみてください

 

WR250X特別おすすめパーツ

WR250X ビッグタンク

写真では判断がつかないので特別枠にてご紹介するのが「ビッグタンク」

ノーマルの7.6リットルに対して、こちらのタンクは11.3リットルも収納できるビッグタンクになので、当然ながら航続距離は格段に向上します

それでいてデザインは純正品と変わりはなく車体のデザインを壊さないのもポイント

しかし、左側のシュラウドを取り付ける時に収まりが悪く感じる方が多数います
対策は金具部分を少しだけ削らなければなりません。ただ少量の加工ですので、どなたでも出来ると思います

この先WR250Xを超えるモタードが出てくるのか

全体的に尖っているWR250Xは多くのユーザーから満足を得ているモタードバイクです。このマシンを超える車体は今後出てくるのだろうか?と疑問すら湧いてしまいますね

生産終了を迎えていますが、中古車は豊富で財布と相談してバイクを選べると思います。ただし、これから価格高騰も予想されているので欲しい方は早めに購入してくださいね