XS250・チョッパー・ボバーとカスタムベースに人気バイク

2018-01-08250cc, YAMAHAヤマハ, XS250

GX250と兄弟車になるXS250

XSシリーズと言えばヤマハのアメリカン(和メリカン)として知られるモデルでもあります

今回は、XS250の評価からカスタムまでご紹介します

XS250(4A8)スペック

1980年一つ上のクラスXS400と共通の車体を使った誕生したXS250

空冷4サイクル SOHC2バルブ2気筒エンジン

最高出力 25ps/9.500rpm

最大トルク 1.9kgm/8.500rpm

車体重量 178㎏

燃料タンク容量 14L

シート高 770㎜

6速MT

17Eモデルもありますが、アメリカンの位置づけから一度離れたのちにまた和メリカンスタイルに戻るが、今では滅多に見かけない車両となってしまった。

スタイルはいいのですが、どうしてもホイールなどが大八キャストに比べるとカッコよくない。

カスタムベースにしてしまえば切った貼ったをすれば、おしゃれなバイクに仕上がるはずです

XS250

 

 

現行車のストリートバイクの方がスペックは優れていると言えます。

それでもXS250の魅了されるのは年代ならではのアジと言う魔法の言葉なんでしょう

 

 

 

 

GX250と同様にパワーはない

 

GX250と同様にオーバーウェイトとされるXS250は最高出力が25psとされていますが、現存する物だとこの出力が出てないものが大半です。

ただ、先ほどもご説明させて頂いた通り、このバイクの良さはアジです。
パワーは二の次と考えてる方には、問題なく乗れるバイクですのでご安心ください

また、400ccと車体が共通な事からエンジンだけスワップする事が流行ったバイクでもあります

白バイに停められて悲しい思いをする前に載せ替えするか、書類を書き換えてくださいね



スポンサーリンク

XS250おすすめのカスタム

XS250はカスタムベースに最適でボバースタイルやチョッパーカスタムで人気があるバイクです

今回は、その二つを交えてカスタム車両をご紹介

XS250 トラッカーカスタム

Ryo Ohashiさん(@ryochelle)がシェアした投稿

トラッカーカスタムに、後輪も18インチに変更しスカチューンを施したカスタム

タンクもナローな物に変更しシートとラインが綺麗に収められています

 XS250 ストリートチョッパー

ピーナッツタンクにファイヤーパターンとストリートらしさが溢れるXS250のカスタム

テール周りは切断され、リアサスペンションを短い物を使って車体を低く取りつけていますが、リジットではないので、まだ楽に運転できそうです

また、チョッパーで大切なハンドル回りの電装類もパイプの中を通しているので、綺麗に整えられていますね

XS250 AN-BUカスタム


XSシリーズやGXなどヤマハのバイクを得意とするカスタムバイク屋さん

レトロな要素を持ちながらオリジナリティあふれる車体が多く私も好きなバイク屋さんです

動画もあるので良ければご覧ください

 

XS250 チョッパーカスタム

XS250でロングチョッパー化されたカスタム

この場合だと

 

 

人気がある旧車

 

ただ、旧車と呼ばれるバイクだと姿かたちは純正のまま、又は当時物のパーツで身を包むカスタムが多いですが、XSはそうではなくカスタムバイクとして人気が高くあります

どうしても需要も高いので、中古相場も比較的高くありますが、オシャレに乗りたいバイカーにとってはおススメするバイクですね

最後に、某オークションサイトで、XS250と売り出してるバイクの中にカスタムをしたXS25017Eが紛れ込んでいます

また、出品者もなぜか、17Eの表記はしていません。
嫌な商売の仕方をしてる方もいますので、ちゃんと自分が欲しい車両について調べてから購入していください