XT250T(30X/48Y)オフロードバイク初のDOHC4バルブエンジンを搭載したマシン

250cc, YAMAHAオフロード, ヤマハ, XT250T

XT250(3Y5)からフルモデルチェンジされて販売されていたXT250T(30X/48Y)

YDISの採用や引き続きモノサスペンションを取り付け当時の中でスペックが高かった一台です

今回は、XT250T(30X/48Y)の評価からカスタムまでご紹介します

XT250T(30X/48Y) スペック

1983年

全長・全幅・全高 2210㎜ × 850㎜ × 1215㎜

空冷4サイクル DOHC4バルブ単気筒エンジン

最高出力 27ps/9.000rpm(28ps/9.000rpm)

最大トルク 2.2kg・m/7.500rpm(2.3kg・m/8.000rpm)

乾燥重量 113㎏

燃料タンク容量 12L

シート高  845㎜

6速MT

フロントタイヤサイズ 3.00-21

リヤタイヤサイズ 4.60-18

()内は1985年製の数値

YAMAHA初の本格派オフロードバイク

前モデルのXT250からフルモデルチェンジされて販売されていたXT250T(30X)

当時のトレールバイクの中でも豪華な作りで、トリプルツリーやスイングアームもアルミ製を採用し軽量化を意識した作りになっている

さらに、ヤマハの4サイクル250ccで初のDOHC4バルブエンジンを採用し、バルブ毎に吸気ポートと独立させてそれぞれ異なったキャブレーターYDIS(ヤマハ・デュアル・インテーク・システム)を取り入れていました

そして、1985年製XT250T(48Y)から28馬力に向上し、フロントブレーキがディスク化されて制動力がアップして販売されていた。

長い事カタログには載っていた物の徐々に2stオフロードバイクやセローの人気によって販売終了を迎えています

またXT250Tのエンジンをベースに海外ではXT350Tとして2000年まで販売されていました。なので海外からピストンとシリンダーを入手してボアップする事も可能です。

セカイモンでXT350Tのパーツを調べる 

長く付き合うには工夫が必用

 

各部のパーツは新品で手に入る物もあるが、どうしても外装とピストンやシリンダーと言った重要な部分が欠品となっています

流用できるパーツを確保しておくことやホーニングして対応するなどして長持ちさせるのがコツになってくるはずです

XT250Tのキャブレターは曲者

出典:「YAMAHA 」

YDIS(ヤマハ・デュオ・インテークシステム)キャブレターはツインインテークを生かして強制開閉式のプライマリ側と負圧式のセカンダリ側の組み合わせて出来ています

このキャブレターはSRX400やSRX250Fなどにも採用されているのですが、調子を崩すとセッティングを合わるのに苦労します

マフラーなどを交換する際は、ちゃんとセッティングを合わせてくださいね



スポンサーリンク

XT250T(30X/48Y)おすすめのカスタム

XT250T 丸目一灯

P!さん(@p03_gloria)がシェアした投稿

耐熱塗装でマフラーやエンジンを塗装し直して外装は艶消しグレーでオールペンされたカスタム

マッドな質感が戦地を走るバイクの用で雰囲気も出ている内容になっています。年代物のバイクだからこそ外装をバラシて再塗装してみるのも効果的ですね

特にシートは張り替えないと色替えが難しいのですが、染めQを使えば簡単に塗装が出来るのでお試しください

 

XT250T ビンテージカスタム

@tsushiさん(@atsushi.izu)がシェアした投稿

角ばったタンク(多分 DT250)を使用し2頭式メーター、セミアップワイドハンドル、大柄なアップフロントフェンダーさらに、シートとリヤフェンダーを取り換えたカスタム

旧車らしいルックスに仕上がっているので、好みな人にはたまらない内容になっていますね

 

XT250T ストリートカスタム

tonchiyanさん(@tonchiyan136)がシェアした投稿

角ばったタンクをローポジションで固定しテール周りはループ加工でソロシート化されたストリートカスタム

色合いもポップでオシャレな方も乗りやすいバイクですね。このバイクのベースがXT250Tだとは誰も思わないはずです

XT250T VMX仕様

hi-rod manさん(@hirod_man)がシェアした投稿

DT125などに採用されていた小型なタンクにアルミフロントフェンダー、サイド出しアップマフラーとVMX風に仕上げてあるXT250Tのカスタム

非常に出来が良くカッコ良く仕上がっていると思います。ダートで利用しているのか、ヘッドライトなどは取り外していますね

XT250Tのカスタムパーツをamazonや楽天で見つけれない場合はバイクブロスにて探してみてくださいね

バイクブロスでXT250Tのカスタムパーツを調べる

XT250Tは結構狙い目です

オークションでは前期、後期共にお求めやすい価格です。しかし、中古バイク販売サイトになると年代の割には高く感じます。

それでもメンテナンスがしっかりとされている車体をお望みの方は、ショップから購入してください

また、XTシリーズはこの後セローの道に歩んでいくのですが、また違うジャンルのTT250Rが誕生しています