XT400Eアルテシア(4DW)中型二輪免許で楽しめるビッグオフロードマシン

YAMAHA, 400ccオフロード, ヤマハ, XT400E

SRX400(3VN)のエンジンベースに作られたオフロードバイク・XT400Eアルテシア

過去に不人気車両をピックアップしてきましたが、このバイクを知ってる人はかなりのマニアかもしれません

今回は、アルティシアの評価からカスタムまでご紹介します

XT400Eアルテシア スペック

1991年

空冷4サイクルSOHC 4バルブ単気筒エンジン

最高出力 31ps/7.000rpm

最大トルク 3.3kg・m/6.000rpm

車体重量 174㎏

燃料タンク容量 13L

シート高 860㎜

5速MT

ゆとりのあるビッグシングルトレール

1982年製 XT400

XT400の名前を受け継いではいますが、特性はまったく違いロードスポーツSRX400のエンジンをベースに作られたビック・オフロードバイクです

400ccオフロードは日本で流行る事はありませんが、海外では兄弟車両のXT600Eは非常に人気が高く、走る場所を選ばないモデルとして知られています

また、この当時の400ccオフロードの中では軽量で、林道なども簡易的に遊ぶこともでき、250cc以上に高速走行はゆとりがあるため、ツーリングには快適だったのかもしれませんね

本当に見かける機会がない

My Bike

街中でも中古バイク販売サイトでもXT400Eを見かける機会はありません

むしろ、存在するのかと疑問にも思ってしまうバイクです

それだけのマイナー車なため車体を見つけてもパーツの問題がネックになり、購入をためらう方が多いバイクです


スポンサーリンク

XT400Eおすすめのカスタム

当然ながらマイナー車両のため一台しか発見する事はできませんでした

むしろ実働車両を見つけれただけでもビックリしています

XT400E リアボックス

香月次郎さん(@jirokichi26)がシェアした投稿

貴重なXT400Eにリアボックスを取り付けた快適ツーリング仕様

こちらのオーナーさん以外はインスタグラム内で乗られてる方はいませんでした

それだけ貴重なマイナー車両になるのですが
車体を見る限り状態は良さそうで、このバイクを大切に載られてる事が伝わってきます

国内ではビックオフは流行らない

海外だとファンもいるジャンルですが、日本だと軽量な車体がオフロードの醍醐味とされているので、ファンはつきません

そして、SRX400のエンジンとしてはこのバイクを最後にシリーズを終えています

これからはパラツインの時代になってシングルの需要は高まるのは難しいですね

しかし、ビックボアから吐き出されるトルクは押し出されるような
感覚は唯一と言ってもいいジャンルです

機会があったらビックオフに触れてみる事をおススメします