マグナ250のヘッドライトを選ぶポイントは?カスタムに合わせて考えよう!

Vツインマグナ/Sのヘッドライトを交換したいんだけど、どんな種類があってカスタムに合わせるならどれがおすすめ?

こんな疑問に答えます。

夜道を照らしてくれる役割もありつつもスタイルに大きな影響を与えるヘッドライトは非常に重要なパーツです。

今回はマグナ250/Sのヘッドライトについて解説します。

スポンサーリンク

マグナ250 純正ヘッドライトのサイズとデザインは?

ヘッドラインサイズ140mm
メーカースタンレー電気

Vツインマグナのヘッドライトレンズサイズは140mm

汎用ビキニカウルを装着している方はご存知かと思いますが、マグナは180mmではなく少し小ぶりなヘッドライトが装着されています。ノーマルであれば中古品も多く価格も安いので流用を検討している方はオークションやフリマサイトから入手しましょう

マグナ250 バルブのサイズは?

バルブ(球)サイズH4 12V 60/55W

Vツインマグナのヘッドライト球は12V 60/55W H4。

バイクショップだけではなくホームセンターでも扱われているサイズです。出先でバルブが切れてしまっても購入しやすいのがうれしいポイントです。

バルブの交換手順は?

ヘッドライト下部に2本の8mmボルトを外せばレンズが取れカプラーとダストカバーに到達します。

後はリテーナーを押しながら外して球切れしたバルブを取り外し逆の手順で組み上げれば完了です。

スポンサーリンク

マグナでヘッドライトを交換する時の注意点

カスタムした完成系をしっかりイメージする

出典 https://www.garage-tf.info/

元々体格のいいマグナはボリューム感があるタンクを使うとヘッドライトが負けてしまいバランスが悪くなるケースもあります。

まずは、自分がどのようなカスタムでどんなスタイルを目指しているのかしっかりと決めてから変更しましょう

一部の物が純正ウインカーと対応していない

4.5インチの小柄なタイプでも長さがあると純正ウインカーステーと干渉しそのまま利用できません

社外製に交換するか、ウインカー固定位置を変更して対応しましょう。

ヘッドライトステーを新たに購入する

マグナ250純正ヘッドライトで使用していたステーは使えません

今回紹介しているメーカーのほとんどは同封されていますが、ECサイトで見かける汎用品のベーツライトは基本同封されていません。購入時に合わせて用意しておきましょう

マグナ250人気のヘッドライト5選

ヘッドライト本体のサイズがわからない製品や、取り付けイメージができない物はここでは紹介しません。

ガレージT&F 4.5inch ロケットライト

素材スチール製 メッキ仕上げ
レンズサイズ約114mm
バルブH4 12V60/55W

最初に紹介するのはガレージT&F製 ”ロケットライト

大柄なタンクにも負けないデザインで、前後のバランスが非常にいいヘッドライトです。これならノーマルに合わせても十分に活躍できます。

また画像にも写るストレッチタンクとも相性が良くニュースクールが好みなら合わせて装着しましょう

カラーはメッキとブラックの2種類。車体の雰囲気に合わせてお好きなパターンから選べます。

・メッキ

・ブラック

ガレージT&F 4.5inch プロジェクターLEDロケットライト

続いてはガレージT&F製 ”4.5インチプロジェクターLEDロケットライト

先ほど紹介した4.5インチロケットライトと形状は同じですが、こちらはプロジェクターLEDが内部に装着され非常に明るい性能を持っています。

こちらに検証動画があるので参考にしてください。これなら小型化しても夜間時に不安になる事無く安心して利用できそうです。

・メッキ

・ブラック

ガレージT&F 4inch ロングスリムライト

続いてはガレージT&F製 ”4インチスリムライト

今回紹介する中で、最も小柄な4インチでありながら純正ヘッドライトのように上部に突起物がなくスッキリとした見た目が特徴的です。

ただスッキリとは言いつつも長さがあり画像のようにバランスが良く取れています。主張をしすぎないタイプが好みなら最もおすすめ。

ガレージT&F 5.75inch ベーツライト

続いては5.75インチベーツライト

アメリカンのヘッドライトカスタムだと定番なのは4.5インチでしたが、最近は5.75タイプも普及し徐々に人気になっています。

ロングタイプとは違った風合いでありつつ、大柄なヘッドライトがマグナによく似合っていますね

また画像のようにイエローレンズを取り入れるとクラシカルな印象や刺し色になるので参考にしましょう。

・メッキ

・ブラック

・イエローレンズ

ハリケーン 4.5インチベーツライト

最後はハリケーン製 4.5インチベーツライト

最早語る事すらないほど、王道中の王道である4.5インチベーツライト

アメリカンやストリートバイクカスタムでは人気が高く、様々な車種で採用されています。マグナの場合もフロント回りがスッキリとしカスタムの良さがでています

 

装着例が見つからず紹介できていないヘッドライトはまだまだあります。特にガトリングビンテージやハードゲージタイプのヘッドライトがおすすめです。

気になる方は下記からご覧ください

スポンサーリンク

マグナ250中古ヘッドライトは多い?安い?
新品だけではなく中古ヘッドライトについても調べてみたところ純正品が多く社外製の数は少ない傾向にあります

またマグナ250用と言う訳ではなく検索でヒットさせるためにタイトルに入れられているケースもありました、この場合だと配線がどのようになっているのかはわかりません

もしも中古で買う場合はそれらについて注意してください

今回参考にしたのはオークションとフリマサイトの2つです。

ただし、どちらもすぐに入札してしまうと損してしまう可能性も。

まずは、オークファンを使って実際に落札された商品の状態や価格を把握していきましょう。そうすれば、自然と適正価格がわかるようになりお得にマフラーを手に入れる事が出来るようになります。

ちなみに、オークファンは登録料や月額料金が一切かかりません。無料で使えるツールなので是非とも試してみてください!

マグナは大柄なヘッドライトがよく似合う

アメリカンをベースにチョッパーやボバーカスタムする際にヘッドライトは、小柄を採用するのが非常に多いなかマグナはロングや大きいヘッドライトを装着している車体が多いですね

やはり体格に負けない存在感があるヘッドドライに人気が集まっているようです。

あなたのカスタムに役立てて楽しくマグナを運転してください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました