750cc

GX750・DOHC3気筒エンジンとオリジナリティ溢れるバイク

ヤマハがTX650ccの後に発売したという事でモデル第2弾として発売されたGX750 GXシリーズの中では唯一の3気筒エンジンに駆動方式がシャフトドライブと拘りを感じられる作りながらもヒットせず、現在も旧車になっても人気はあまり高くな...
750cc

CB650(RC03)ジェントルマンな走りを楽しめるオートバイ

CB550FOUR-Kからフルモデルチェンジされて、FOURの名前を継承されなかったCB650 加速ポンプ付きキャブレターにフルトランジスタ点火装置を装備して走りはスムーズで、かなりジェントルマンなバイクとして知られています 今...
250cc

XS250・チョッパー・ボバーとカスタムベースに人気バイク

GX250と兄弟車になるXS250 XSシリーズと言えばヤマハのアメリカン(和メリカン)として知られるモデルでもあります 今回は、XS250の評価からカスタムまでご紹介します XS250(4A8)スペック 1980年...
スポンサーリンク
250cc

TW200(2JL/DG07J)ストリートバイクを誕生させたヤマハの名作

ストリートバイクというカテゴリーを誕生させる前のTW200 元々はオフロードバイクでも辛い道を楽しめると言ったオフロードを想定して作られたバイクで、純正ヘッドライトはベーツライトではなく、四角いヘッドライト使用された ただ、カス...
250cc

FTR223・手軽に楽しめるストリートダートトラック

FTR250では、ダートトラッカーとしてデビューをして日本では需要がなく、発売3年でカタログから消えてしまいましたが、ストリートバイクとして再度復活したFTR223 今回は、FTR223の評価からカスタムまでご紹介します FTR22...
250cc

TW225(DG09)フルモデルチェンジによって生まれ変わった

TW200で一世を風部し、モデルチェンジが行われて発売されたTW225 セロー225と同等のエンジンを搭載した事や、リアドラムブレーキが大型化され制動力を向上させ、テール周りもスタイリッシュに変更しオフロードバイクではなくストリートバ...
125cc

CRM80・パワフルになった小さなオフロードバイク

CRM50の上位モデルであり競技車両だったCR80を公道走行する事が出来るように作られたCRM80 車体ベースは50と共通ですがエンジン出力は CRM80 スペック 1988年 水冷2サイクル ピストンリード...
250cc

ホンダ・フォーサイト(MF04)ビックスクーターブームとは無縁だったバイク

フリーウェイ250の後に発売され、一応ヤマハマジェスティの対抗として発売されたフォーサイト 大きさはちょうど良く見えるが、どうしても野暮ったい デザインがうけないながらも改良を重ねました。 しかし、後のフォルツァでその成果が花...
スズキ

GF250・250cc4気筒ネイキッドの先駆けモデル

GS250FWからモデルチェンジされ大幅な軽量化を施しネイキッドモデルとして誕生したGF250 レスポンスや総合的な走行性能も向上させたモデルです。 しかし、当時のヤマハのFZ250フェザーには、勝てずにいたバイクでもあります。 ...
スズキ

GS250FW・250cc初の4気筒エンジンを搭載したマシン

実は250ccで初めての水冷4気筒エンジンを搭載したマシンGS250FW しかし、後世にシリーズ名を残すことはできませんでした。 今回は、GS250FWの評価からカスタムまでご紹介します GS250FW スペック 198...
タイトルとURLをコピーしました