アメリカン

カワサキ

バルカン400ドリフターおすすめ社外マフラー&排気音まとめ

一般的なクルーザーやクラシックとは違った風貌をバルカン400ドリフター 陸王やインディアンバイクのスタイルによく似ていて、惚れ惚れする方も多いと思います そこで、今回はバルカン400ドリフターに取り付けられる社外マフラーのスタイ...
カワサキ

エリミネーター400(ZL400)おすすめマフラー&排気音のまとめ

なかなか、街中でも見かけ機会が少なくなったエリミネーター400 それでも400ccでは珍しい4気筒を積んだドラッガーマシンとして一部のファンから人気があるマシンです。 今回は、エリミネーター400の排気音とおすすめのマフラーをま...
ヤマハ

XV400 SPECIAL(26M)今は見かけられない貴重な高出力アメリカン

ヤマハの人気アメリカン・ドラッグスターの始まりでもあるXV400スペシャル 国産アメリカンとして販売された傍らでクルーザーとは思えない最高出力があるオートバイです 今回は、XV400スペシャル(26M)の評価からカスタムまでご紹...
スポンサーリンク
250cc

レブル250(MC49)おすすめのマフラー&排気音のまとめ

2018年上半期250ccクラスで1番の販売台数を記録するレブル(MC49) 今回はレブル(MC49)のマフラーの音と重量おすすめのタイプをまとめました レブル250に必要な工具は? レブル250はフルエキタイプが、ほとん...
バイク買取

エリミネーター125の最高買取金額は14万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額売れるのか!?

エリミネーターシリーズの最小排気量として誕生したエリミネーター125 原付2種で乗れるお手頃アメリカンとして販売終了後の現在も人気が高いオートバイです 今回は、エリミネーター125のバイク買取業者の査定価格とオークションの落札価...
ホンダ

マグナ50(AC13)マグナシリーズの最小排気量ながら所有欲を満たせる50ccアメリカン

JAZZ(AC09)から新たな50ccアメリカンとして誕生したマグナ50 あえて、50(ごじゅう)と呼ばずにフィフティと呼ぶ特別な車体でもありました 今回は、マグナ50(AC13)の性能からおすすめのマフラーをまとめています ...
ホンダ

50ccでも満足できるマグナ50おすすめのカスタム12選

50ccとは思えない車体の大きさに数少ない原付きアメリカンタイプの車体として親しまれているマグナ50 先代モデルのJAZZとは違ったテイストに仕上げるカスタムが多く所有欲を満たしてくれるマシンです 今回は、マグナ50(AC13)...
400cc

VT400S(NC46)スポーティーな見た目に大型同様の迫力持つアメリカンスタイル

シャドウシリーズのクルーザーらしいスタイルから新たな変化をしたVT400S 上位モデルのVT750Sと共通フレームを採用しているので、ボディサイズも大きく400ccでも満足感を得れるサイズになっています 今回は、VT400Sの評...
スズキ

マローダー125(NF48A)250ccアメリカンと同等のサイズを楽しめる貴重な1台

スズキの単気筒アメリカン・マローダー250の弟分として発売されていたマローダー125(NF48A) 250と同じくモデルネームにGZの名前を引き継ぎ単気筒アメリカンとして誕生しました 今回は、マローダー125(NF48A)の評価...
250cc

250T LAカスタム/マスター(MC06)ジャメリカンから一歩前進して乗りやすさを向上したモデル

CM250Tの後続モデルとして誕生した250T LAカスタム/マスター マスターは輸出モデルとして販売されているので、日本ではあまり見かけない車両です 今回は、250T LAの評価からカスタムまでご紹介していきます 250T ...
タイトルとURLをコピーしました