GSX250T・2気筒エンジンを楽しめるトラディッショナルネイキッド

SUZUKI, 250ccスズキ, GSX250T

GSX250Eをベースに派生モデルとして誕生したGSX250T(通称トラザリ)

「トラディッショナル」の頭文字からTの名前をつけていてクラシックネイキッドらしいスタイル

今回は、GSX250Tの評価からカスタムまでご紹介します

GSX250T スペック

1981年

空冷4サイクルDOHC 4バルブ2気筒エンジン

最高出力 29ps/10.000rpm

最大トルク 2.2kg・m/8.000rpm

車体重量 166㎏

燃料タンク容量 12L

シート高 745㎜

6速MT

 アメザリとは違ったオーセンティックなデザイン

GSX250Eから派生したGSX250Tはオーソドックスなデザインで、どこかグラストラッカー風なデザインにも感じられます

また派生モデルのGSX250Lは兄弟車でほとんどパーツは共通という事もおってお互いの車両を上手く使い分けてる方もいますね

また、旧車すぎるとので速さは当然ながらなく、バンク角も浅い
それでいても乗車姿勢はすごく楽で、一日乗り回した猛者がいるほど親しみやすいモデルでした

これから乗るにはパーツの確保

GSX250Lと同様に販売期間が短いのでパーツが少ないのがデメリットですね
なので、これから長く乗っていきたい方は、中古パーツでも確保が必用という事

特に電装系パーツは劣化が目立ち、それだけでエンジンがかからなくなってしまう他にも各部にダメージはつきものです

ただ、この年代のバイクにしては無理な改造を施されていない車両なので、劣化だけで済むのもポイントです

各部のリフレッシュをしながら上手に乗ればスズキパラレルツインはまだまだ乗っていけますよ



スポンサーリンク

GSX250Tオススメのカスタム

GSX250L同様に無理に旧車会仕様にするのではなくGSX250Tらしさを活かしたトラディッショナルネイキッドを追求した方がオシャレに仕上がります

GSX250T ブロックタイヤ

石崎 秀樹さん(@i.undressed)がシェアした投稿

写真を取られた場所を雰囲気があって素敵な一枚ですが、特に注目してもらいたいのが、ブロックタイヤに変更している事

元々のスタイルがネイキッドと呼ぶよりか今で言うストリートバイクにも似ているので、取り入れても違和感は感じられませんね

GSX250T タックロールシート

@mame4649がシェアした投稿

上記とは違って旧車っぽいカスタムをされたカスタム

タックロールシートや別体リアサスペンションを使うとスポーティーな雰囲気を演出しています

GSX250T クラシックスタイル

ジンパパさん(@bikey_jin)がシェアした投稿

ヘッドライト位置を上げて、雰囲気のある塗装がかっこいい一台
懐古調に見せたい方ならイエローレンズは鉄板ですね

また、あえてテール周りを旧車仕様にせず、ダブルシートのままが素晴らしい

GSX250Lと同様に

中古相場も安定していて旧車にしては安く購入する事ができるバイクです
これから旧車が減っていくと間違いなくしわよせがきて値段が高騰すると思います

無理な改造を施されていない状態で購入して状態がいいまま乗り継いでいれば、もしかしたら今以上の価値になってしまうかもしれませんよ

そして、この後に発売されたのが、GSX250E KATANAです
ゴキ、ザリと呼ばれる意味合いを丁寧にご説明します