YAMAHAの名車XS650の魅力とは?歴史まで一挙公開!

750cc, YAMAHAカスタムバイク, カフェレーサー, XS650, チョッパー, ボバー

XSシリーズも人気が高いですが、特にXS650の人気は年々高騰しています

今回は歴史からカスタムまで幅広くご紹介します

XS650とは

1971年XS-1の後続モデルとしてXS650を開発されました

スペック

空冷4ストロークSOHC2バルブ並列2気筒エンジン

最高出力 53ps/7.000rpm

当時としては珍しいデコンプ連動セルスターターを搭載し、フロントディスクブレーキを装着して対向シングルポットでブレーキを強化しました

フレームやサスペンションの剛性も高められたらモデルだったのです
しかも値段はリーズナブルと言う事で、当時は警視庁の白バイとして採用されていました

XS650スペシャル

1978年に和メリカンの先駆けとなって発売されたXS650SP

空冷4ストロークSOHC2バルブ並列2気筒エンジン

51ps/7500rpm 1978年モデル

50ps/7500rpm 1980年モデル

1978年モデルはホイールがスポークホイールで、その分軽くなっています

1980年モデルはヤマハの人気のある大八キャストを使用してその分だけ重くなってしまっています

外観にはキング&クイーンシートを使用して、ハンドルもワイドな物に変更

一番の変化はリアタイヤが18インチから16インチにダウンし
それによってよりアメリカンらしさを強調した事です

グラブバーもアルミダイキャスト製に変更し、当時の拘りを感じます

なんと言ってもエンジンのシルエット


XS650の魅力は私が、一番思うのはエンジンのシルエットが、抜群にカッコいい事。

XS-1が初めてヤマハ社が、作った4ストローク車両です

その後に繋がるXS650も煮詰めながら作っていったんでしょうね

バイクも物も進化をすると軽量化が進みますが、このクランクの大きさにYAMAHAのロゴは、味わい深いなと感じます。

そして、この排気音バーチカルツインサウンドはドコドコと言うサウンドも気持ちい音です

アイドリングを下げて、アメリカンみたいな三拍子まではいかなくても雰囲気は十分に感じますよ

XS650の魅力的なカスタム

XS650はカスタムベースとしても人気が高いバイクです。

なので、今回は定番のチョッパー、ボバー、カフェレーサーの順に私が魅力的に感じるカスタム車両をご紹介します

XS650 チョッパー

組み立て中。もうチョイ。 #xs650 #xs650chopper #cribmotorcycle

cribmotorcycleさん(@cribmotorcycle)がシェアした投稿 –

横浜で、XSやSRまたはハーレーなどのカスタムを得意とするクリブモーターサイクル

今回インスタグラムの写真から使わせてもらってる車両は、
友人のバイクですフルカスタムバイクです。

フレームから手をつけてもらい、フロントホイールを21インチ化や
独特なエキパイの取り回しなど拘りぬかれた一台です。

まだ完成してませんでの、終わったら今一度アップしますのでお楽しみに!

こちらのチョッパーカスタムもフレームから作られてるはずです。

さらにリジット化まで行われてるハードな使用

ヤマハの人気のホイール大八キャストを前後に使用し

全体的に詰まってる感じがカッコイイ一台ですね

 

XS650 ボバー

純正のXS650を上手にボバーカスタムしてる車両です

このムチムチなタイヤがたまりませんね
リアサスペンションを見る限り気持ちローダウンされていますね

タンクも、もしかしたら社外性なのかもしれません

それでもバランスが、綺麗に取られていてダートなんかにも向いてそうです。

 

倒立フォーク化してる珍しいXS650カスタム

フロントをWディスク化に加えて、対抗4ポットキャリパーなど
走りにも特化してる仕様ですね

シート下もすっきりとスカチューンにして電装系までカットされています

ボバーカスタムにトラッカーな雰囲気も感じ、うまく調和しカッコイイ一台です

 

XS650 カフェレーサー


純正XS650をベースにヨーロピアンカフェレーサーにした車両

セミシングルシートにセパレートハンドルと定番のチューニングなので、

比較的チャレンジしやすいと思います

やはり、エンジンの存在感があってカッコイイですね

 

原型が、エンジンぐらいなカフェレーサー仕様

大柄なハーフロケットカウルにビッグタンク、シングルシート

バックステップなどのカフェーレーサーを完璧に再現

足回りもホイールに変更され、Wディスク化に対抗4ポット化など走りも十分に楽しめそうなカスタムです

バッテリーレスにして、シート下はスカチューン化されてすっきりしてますね

是非とも走りの映像も見てみたい

もはや、名車の粋に入るのではいでしょうか

海外の人気もあってXS650は毎年値段が高騰してるバイクです

中古バイク雑誌などを見ると最安値でも50万からになってるので、今後も値が上がっていくと言われています

もしも、XS650に興味がある人は早々に買うのをオススメしますよ

以上KZのXS650特集でした