BW’S 50(SA02J)スクーターでオフロードを楽しめちゃう!2代目BW’S50

YAMAHA, 50ccヤマハ, スクーター, 原付き, BW'S50(SA02J), BW'Sの歴史

初代BW’S(3AA)から10年が経って復活したBW’S 50(SA02J)

形を見てピンと来た人もいるかもしれませんが、こちらはBW’S100(4VP)と同じ形で販売されていた車両です

今回は、BW’S(SA02J)の評価からカスタムまでご紹介します

BW’S50(SA02J)  スペック

1998年

全長・全幅・全高 1890㎜ × 705㎜ × 1100㎜

空冷2サイクル ピストンリードバルブ単気筒エンジン

最高出力 5.5ps/7.000rpm

最大トルク 0.57kg・m/6.500rpm

車体重量 93㎏

燃料タンク容量 5.7L

シート高 765㎜

無段変速式Vベルト

フロントタイヤサイズ 120/90-10 56J

リアタイヤサイズ 130/90-10 59J

50ccとは思えないサイズ感

BWsのスタイルを確立したのもこのスクーターからだと思います
デュアルヘッドライトの配置

前モデルの3AAと比べると若干パワーダウンしていますが、ストローク量がこちらの方が豊富
さらにアンダーガードやフォークブーツまで装着した正にオフロードスクーターにふさわしい内容に仕上がっています

また、ビーウィズ50は正式に輸入販売されていたのですが、上位クラスの100ccは並行輸入で販売されていました

デザインが奇抜でグランドアクシスのパーツが取り扱えることもあり、こちらの方が人気モデルでしたね

当時は、50ccの規制される7.2psが市場に多かった時代でもあるので、その当時から見ると5.2psと最高出力が低いのが辛い所

ただ、BW’S100と同等のサイズなのでグランドアクシスのエンジンを流用すれば、エンジンスワップする事も可能です。ただし、足回りまで移設すると高くつくので結局BW’S100を購入した方が安上がりだと思います



スポンサーリンク

BW’S(SA02J)おすすめのカスタム

BW’S100(4VP)と同じなのでBWs100の記事も参考になるので良ければご覧ください

BW’S50 ローダウン

syu-1さん(@syu4life)がシェアした投稿

グレーカラーの身を包んだローダウンBW’S

社外製ブレーキレバーにドミノグリッツプ、左ハンドルにバーエンドミラーを装着し、ハンドル周りをすっきりしたつくりに仕上げてあります

また、フロントとリアのサスペンションを変更して限界まで下げていることがわかりますね
この場合だと停車時にしっかりと車体をかたむけることができませんので、気をつけてください

 

 

BW’S50 ロンホイ

MotorSportsFastさん(@motorsportsfast)がシェアした投稿

ストリートスクーターとして人気が高かったビーウィズはロンホイされたカスタム車両が多かった一台です

現在だとハリケーンから販売されているパーツを装着することが可能です

 

BW’S50 ケツ上がり

蔡伉顒さん(@randy_19920624)がシェアした投稿


リアホイールの形状を見るとエアロックスの13インチホイールを流用してると思えます

それに合わせて社外ホイールをフロントに装着し、走破性を高めていることがわかります

BW’Sのカスタムパーツをamazonや楽天で見つけれない場合はバイクブロスにて探してみてくださいね

バイクブロスでBW’S50(SA02J)のカスタムパーツを調べる 

人と違ったスクーターを探しているなら買い

街中に特にストリート系なのどのファッションが好きな人にも愛されているモデル

 

2012年には3代目モデルの4サイクルになって誕生