SRV250のおすすめな所とは?モダン風なカフェレーサーに仕上げよう【ルネッサ】

2017-12-22250cc, YAMAHAヤマハ, カフェレーサー, SRV250, ルネッサ

空冷V型2気筒エンジンを積んだ250ccネイキッドは数が少なくSRV250も代表するバイクです

ビラーゴ250のエンジンをベースに作り上げたネイキッドながらトラディッショナルな外観は今でも人気があります

そのSRV250のメリット・デメリットさらには、カスタムの仕方までご紹介

SRV250 スペック

1992年ブリティッシュ雰囲気のあるSRV250

スペック

空冷4サイクルSOHC 2バルブV型2気筒エンジン

27ps/8.500rpm

2.5kgm/6.500rpm

車体重量 156㎏

燃料タンク 13L

外観は変わらずにカラーリングとメーターバイザーをつけたSRV250S

ビジネスモデルを考えセンタースタントとリアキャリアを標準装備させたSRV250Tもありました

SRV250 ルネッサ

1996年SRV250の外観とは違ったスマート出で立ちにして発売されたSRV250ルネッサ

細かい変更はされていますが、一番の変化は見た目ですよね

タンクの形状はナローな変更して11Lと縮小され、テールカウルも装着し見た目は、かなりスタイリッシュに変化してます

ただ、残念なことはルネッサからホイールが、アルミからスチールに変更されてしまった事ですね

見た目で判断してはいけない

 

クラシックな見た目とは裏腹に低回転から高回転まで
V型らしい走りをしながら燃費の良さから25㎞~30㎞前後をたたき出します

また、車重も軽く取り回しやすいので、初めてバイクに乗る方にもおすすめできます

さらに、足つきが良いので立ちごけなどの心配も少なく、性別問わずに楽しいライディングができます

中古車でも各パーツが、クロームメッキ処理を施されてるので、そこまで劣化してる物が少ないので、外観の状態はいい物が多いです

 

ローギアよりすぎる事が辛い

走り出しにトルク間があって街乗りでは不満を感じないのですが、ちょっとギアチェンジが忙しいバイクです
さらに、5速MTなのですが、幻の6足を探してしまいます

エンジンフィーリングが回転数に応じて変化していくのですが、
シートが薄いのでお尻にダメージを受けます。

しかし、フロントスプロケットを変更すると、乗り味が変わるので、
このことが気になってる人は1丁あげてみてください

また、ブレーキが効かないとよく耳にします。

ディスクローターやブレーキパットの交換をしても満足のいける制動力がない人には当時ヤマハのキャリパーは流用が可能です

対向4ポットのものに変更してみてもいいかもしれませんね

中古パーツもあまりないので、独自でカスタマイズしていくのは少ししんどいかもしれません



スポンサーリンク

SRV250 カスタムの方向性

SRV250をベースにカスタムを見ていくとカフェレーサーやストリート仕様が多い様子

今回はその中でも私のおすすめな車両をご紹介

SRV250 カフェレーサー

出典:「SILODROME」

シートレールまで加工されたカフェレーサー全体にまとまりがあって綺麗な仕様です

また、女性ライダーですが、雰囲気があり素敵な一台

SRV250ルネッサ カフェレーサー

出典:「メカノルネッサ」

ハーフロケットカウルが上手く処理されているカフェレーサー

カラーパターンも上品ですし、元からエンジンが黒く塗装されているルネッサを使うのは便利ですよね

シートはロッカーズ風とカッコいいカスタムです

SRV250 シングルシート

出典:「Pinterest」

SRVでは珍しいカウル付きシングルシート

カスタム画像をよく見ているとナローシートを代用した物は多いが、このようにカウル付きな物は少ない

それ故に個性があっていいバイクです

SRV250を私はおすすめします

バイクを初めて乗る方やリターンバイカーの方も慣れ親しんでいるバイクなので間違いなく楽しめるはず

しかし、パワーがないと多々言われる所もありますが、素直なハンドリングは、SRVならではの楽しさを十分に味わえますよ

以上KZが紹介するSRV250のおすすめでした