SRX250/F (51Y)シングルエンジンを活かしたコンパクトで楽しめるニューネイキッド

オフロードバイクだったXT250T(30X)エンジンを使い、シングルネイキッドになって誕生したSRX250/F(51Y)

今回は、SRX250/F(51Y)の評価からカスタムまでご紹介します

スポンサーリンク

SRX250 (51Y) スペック

1984年

空冷4サイクルDOHC 4バルブ単気筒エンジン

最高出力 32ps/10.000rpm

最大トルク 2.4kg・m/8.500rpm

車体重量 134kg

燃料タンク容量 10L

シート高 750㎜

6速MT

また同時に発売されていたのがハーフカウルバージョンSRX250F

51Yシリーズの中でもマイナーチェンジは多々行われているが唯一の変更点としては丸目の1JAぐらいが変化です

軽量でシャープなスタイルがSRXらしさ

ネイキッドブームによってシングルスポーツを作り出そうとしたヤマハが、XT250Tのエンジンをベースに作り出したSRX250

シングルエンジンながらキャブレターがふたつ搭載されて低中速と高速の二つを受け持つシステムになっています。また、旋回性能を高めるために、フロント16インチリアが18インチと最近では見かけないバランス間でワインディングをシャープにこなす事できるモデルです

特にSRX250は女性からバイク初心者でも扱いやすく、楽しめるバイクなので、中古車選びに悩んでいたらチャレンジしてみてくださいね

中古パーツも少なくレストア向きではない

新品パーツは欠品が数多くあり、オークションで確認できた中古パーツも少量しか見当たりませんでした。やはり流用できるパーツを把握して自分の手でバイクを整備できないと維持していくのは厳しく感じます

どうしても乗りたい方は、サービスマニュアルを購入して付き合ってくださいね



スポンサーリンク

SRX250おすすめのカスタム

SRX250のカスタムはスタイルに合わせてカフェレーサー風にまとめる
または、純正を活かして仕上げるかの二つに分かれています

今回は、その二つをメインにご紹介していくので、あなたの求めているカスタムが見つかるかもしれませんよ

SRX250T シングルシート

特徴的なアッパーカウルを活かならがもシングルシートを取り入れたカスタム

このシングルシートの形状を見る限り純正オプションで販売されていたものだと思います

現在は新品で探すのは難しいとは思いますが、オークションで探してみると見つかるかもしれませんね

SRX250 カフェレーサー

細部に渡ってパーツを取り外し、オリジナリティ満載の車体に仕上げたカフェレーサー仕様

タンクカラーリングも美しい水色にベージュのシートの柔らかみのある色味がピッタリですね

全体的にはブラックアウト化されていますが、タンクのカラーによって綺麗なまとめられた一台です

SRX250 TZカウル

TZタイプのテールカウルを取り入れたカスタム

真正面からの写真がないので、一つ目なのかはわかりませんが
車体のバランスが良く綺麗にまとめてあります

SRX250はタンデム向きなバイクではないので
割り切ってシングルシート化も検討してみると、このように綺麗に作り上げる事もできますね

乗り出しもしやすく楽しめるシングルエンジン

立派な旧車になってしまったSRX250も古臭く感じる方もいますが
シングルネイキッドらしいトルク感のある走りは、この年代ならではの物です

ただ、これから所有するには不具合もあるかもしれません

それでも味のあるエンジンサウンドを楽しみながらワインディングをすると
結構癖になってしまいますよ

また、この後に17インチになって誕生したSRX250(3TY)の方が
これから付き合っていくにはオススメな車両です

コメント

タイトルとURLをコピーしました