原付二種

125cc

リード100(JF06)おすすめマフラー&排気音のまとめ

90ccで販売されていたリードが100ccにグレードアップされ販売していたリード100(JF06) 今回は、リード100に取り付けられる社外チャンバーの排気音とデザインについてまとめています。新品、中古マフラーを選ぶ時に参考にしてくだ...
スズキ

アドレス125(2BJ-DT11A)おすすめ社外マフラー&排気音まとめ

2017年にV125シリーズの後続車として開発されたアドレス125(2BJ-DT11A) Vモデルの小柄な印象とは違い、どちらかと言えばもっさりとしたデザインに産まれ変わりました。 今回は、アドレス125(2BJ-DT11A)に...
バイク買取

XR100モタードの最高買取査定金額は21万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額売れるのか!?

エイプ100をベースにモタード仕様になって誕生したXR100(HD13) 販売期間が短く小型モタードバイクはメーカーから販売されている車種も限られているので、需要の高さが伺えます 今回は、XR100モタードのバイク買取業者が行う...
スポンサーリンク
バイク買取

スペイシー100の最高買取金額9万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額に売れるのか!?

2サイクルが排ガス規制で販売終了となり4サイクルと移行していく中で販売されたスペイシー100(JF13) グローバルモデルが始まった直後のモデルで新車価格もお求めやすく日本国内にも流通量が多かったスクーターです 今回は、スペイシ...
バイク買取

リード125の最高買取金額は19万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額売れるのか!?

リード110から排気量がアップ、さらにeSPエンジンを搭載して誕生したリード125 過熱する原付2種の中でもスタンダードなスクータースタイルでシート下のメットインスペースが大容量のモデルです 今回はリード125のバイク買取業者が...
バイク買取

ヴェクスター125の最高買取金額は4万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額売れるのか!?

ヴェクスター150と同じタイミングで販売が開始されたヴェクスター125 スクーターを一回り大きくしたサイズ感ながらもシートサイズが広くタンデムもしやすいバイクでした 今回は、ヴェクスター125のバイク買取業者が行う査定価格とオー...
バイク買取

エリミネーター125の最高買取金額は14万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額売れるのか!?

エリミネーターシリーズの最小排気量として誕生したエリミネーター125 原付2種で乗れるお手頃アメリカンとして販売終了後の現在も人気が高いオートバイです 今回は、エリミネーター125のバイク買取業者の査定価格とオークションの落札価...
125cc

リード110/EX(JF19)タンデムしやすく大容量メットインが便利なスクーター

2stリードが発売中止になって4stモデルで初めて発売されたリード110/EX(JF19) 国内生産ではなく中国にある五羊-本田摩托が販売していた「SCR110」を日本国内に適合させたモデルです 今回は、リード110/EX(JF19)の...
125cc

Sh mode(JF51)エレガントなボディにラージホイールを装着したシティ派スクーター

欧州では、3つ()の排気量に分かれて親しまれているモデルですが、日本においては不人気であまり見かけることがない車体になっています 今回はSh mode(JF51)の評価からカスタムまでご紹介します 2013年 ...
125cc

CBX125F(JC11)ほどよいサイズでクイックに攻めれるスポーツバイク

CB125JXの後続車両として誕生したCBX125F(JC11) ボディマウント方式で大柄なフェアリングを装着しスポーティな見た目に拘り約10年間販売されていたロングセーラーバイクです 今回はCBX125F(JC11)の評価から...
タイトルとURLをコピーしました