PR

CB250RS/Z(MC02)シングルスポーツを切り開いたオートバイ

※当サイトではアフェリエイト広告、またはプロモーションを含みます

XL250Sのエンジンを流用し、ライトウェイトスポーツ車両として誕生したCB250RS(MC02)

この年代のオートバイは、車体重量が重くなっていき軽快に走れる車両を確立する為に開発されました

今回は、CB250RSの評価からカスタムまでご紹介します

スポンサーリンク

CB250RS(MC02) 簡易スペック

1980年

空冷4サイクルSOHC 4バルブ単気筒エンジン

最高出力 25ps/8.500rpm

最大トルク 2.2kgm/8.500rpm

車体重量 139㎏

燃料タンク容量 12L

シート高 770㎜

5速MT

1981年にはCB250RS-Zが誕生し、セルモーターのみとなる。また吸排気系やエンジンを見直しで最高出力とトルクが向上します

限定車両のCB250RS-ZRはファンも多いです

軽さを武器に楽しめる

この時代から250ccオートバイの需要は、ますます増えて今と近い形だったのかもしれませんね

XL250Sのエンジンをチューニングし、直して専用のダイヤモンドフレームに搭載

25psと最高出力は悪く感じれますが、車体重量は139㎏と驚愕的な軽さを実現させてひらりと、走れるマシンとなりユーザーからの反響は大きかったのです

なので、CB250RS好きな方は多く「懐の深さを感じるオートバイは珍しい」と口にする方は珍しくありません

手に入れるのが難しくなってきている

発売終了から時間も経っている車両なので、劣化やパーツの欠品が相次いでいます
これから乗る事を考えると難しい部分はあります

ただ、中古で販売されている価格は安く乗り出しはしやすい車両なので
自分で整備も行えば、これからも乗る事は可能ですね

特に不具合も楽しむといった考えをお持ちなら十分に遊べるバイクです



スポンサーリンク

CB250RSおすすめのカスタム

日本では、あまり見かけなくなったCB250RSですが、海外だとカスタム車両が多いですね

これを参考におしゃれなカスタムに仕上げて自分らしいバイクに仕上げてしまいましょう

CB250RS シングルシート

シングルシートを取り付けた純正を活かしたカフェレーサー仕様

バッグステップにクロスメガホンマフラー取り入れた素晴らしいカスタム

タンデムはしない!と割り切った考えが出来る方なら挑戦してほしい仕様です

CB250RS トラッカーカスタム

小ぶりなティアドロップタンクに厚みのあるセミダブルシートを取り付けたトラッカーカスタム

フロントホイールもドラムブレーキ化されているので、インチアップされていそうです

クラシックトラッカー風に仕上げる事もできるCB250RSはカスタムの幅はかなり広いですね

CB250RS B級チョッパー

リジットサスにドラムブレーキ化されたB級感あるチョッパースタイル

後方のフレームをカットし、リジットサスを取り付けてフロントフォークはロング化をしドラムブレーキに変更されています(SRのドラムだと思います)

ローアンドロングではなく、ジャメリカンっぽくあるのが素敵な一台ですね

CB250RS ガーターフォークチョッパー

フレームから手を加えられたロングガーターチョッパー

カスタムショップが製作したのに納得がいくスタイルです

オリジナリティ満載で、唯一無二なバイクが欲しい方はお店と相談するとここまで突き詰める事ができます

この先にこのエンジンは熟成を重ねる

クォーター時代真っ只中でRZも人気があったころに
新たな道を開拓したホンダはこれをきっかけにシングルスポーツを広げていきます

CB250RSは立派な旧車に入るマシンですが、お手頃な価格な事もあるので、レストアを考えても購入していけると思います

そして、この後にCBX250RSにモデルチェンジ行います

コメント

タイトルとURLをコピーしました