原付き

バイク買取

ジュリオの最高買取金額は6万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額に売れるのか!?

ホンダのニュー・トレンドスクーターとして誕生したジュリオ 見た目はクラシックなデザインで富士重工から販売されていたラビットに非常にそっくりなスクーターです 今回は、ジュリオのバイク買取業者が行う査定価格とオークションの落札価格を...
バイク買取

JOKER50の最高買取金額は5万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額売れるのか!?

今回は、○○のバイク買取業者が行う査定価格とオークションの落札価格を比較してどちらが高額に売れるのかまとめました なぜバイク買取業者とオークションを比較するのか? バイクを高額で売るにはバイク買取業者とオークションこの2...
バイク買取

BW’S50の最高買取金額は11万円!バイク買取業者とオークションどちらが高額に売れるのか!?

BW'S50は初代モデルの3AAに2サイクル最後のSA02J、そして4サイクルモデルのSA44/53モデルの4つに分かれています 個性的なデザインにオフロードスクーターとして人気があったモデルです。 今回は、BW'S50のバイク...
ヤマハ

BW’S 50(SA02J)スクーターでオフロードを楽しめちゃう!2代目BW’S50

初代BW’S(3AA)から10年が経って復活したBW’S 50(SA02J) 形を見てピンと来た人もいるかもしれませんが、こちらはBW’S100(4VP)と同じ形で販売されていた車両です 今回は、BW’S(SA02J)の評価から...
ホンダ

R&P(CY50)ふと足に前後キャリアを装着した可愛らしい4mini

R&P(CY50) 1977年 全長・全幅・全高 空冷4サイクルSOHC 2バルブ単気筒エンジン 最高出力 4.3ps/9.000rpm 最大トルク 0.37kg・m/7.000rpm ...
ホンダ

リード50(AF48)三代目にして最終のリード50モデル

2代目リード50(AF20)からフルモデルチェンジされて販売したリード50(AF48) 前モデルと同様で、上位クラスも一緒に販売され流用が効く便利なスクーターでした 今回はリード50(AF48)の評価からカスタムまでご紹介します...
ホンダ

マグナ50(AC13)マグナシリーズの最小排気量ながら所有欲を満たせる50ccアメリカン

JAZZ(AC09)から新たな50ccアメリカンとして誕生したマグナ50 あえて、50(ごじゅう)と呼ばずにフィフティと呼ぶ特別な車体でもありました 今回は、マグナ50(AC13)の性能からおすすめのマフラーをまとめています ...
ホンダ

50ccでも満足できるマグナ50おすすめのカスタム12選

50ccとは思えない車体の大きさに数少ない原付きアメリカンタイプの車体として親しまれているマグナ50 先代モデルのJAZZとは違ったテイストに仕上げるカスタムが多く所有欲を満たしてくれるマシンです 今回は、マグナ50(AC13)...
タイトルとURLをコピーしました