リード125(EBJ/2BJ-JF45)おすすめ社外マフラー&排気音のまとめ

リード110から大幅なアップデートが行われて販売されているリード125

前作と同じく大柄メットインにスクーターらしいデザインを受け継ぎながらもeSPエンジンの採用やアイドリングストップシステムと言った普段でも扱いやすくなっています。

今回は、リード125の2013~2017年まで販売されていたEBJ-JF45と2018以降の2BJ-JF45に取り付けられるマフラーについて紹介します。

新品、中古でマフラーを選ぶ時は参考にしてください!

バイク人気が再び訪れると、残念ながら盗難件数が増えてきています。どんなに対策しても盗まれるときは一瞬です。盗難保険サービスにはしっかりと加入しておいてください
⇒盗難保険とロードサービスをダブルで受けられるZutto Rideを調べる!
スポンサーリンク

リード125(EBJ/2BJ-JF45)純正サウンド

重さ音量
5.3㎏83.6db

社外マフラーの排気音を聞く前にまずは、リード125の純正サウンドを確認していきましょう

2013年モデルは全てブラックカラーに塗装されたマフラーのデザインですが、2018年モデルからマフラーカバーの色がシルバーとなり差別化が図られている。

動画の音を聞いてみると、なんて事はないスクーターらしい排気音です。お買い物からちょっとした移動をするには十分に扱いやすく仕上げられています

これから聞く社外マフラーの音量はノーマルよりも大きく、沢山の排気音を聞いていると比較がし辛くなってしまいます

そんな時は、ノーマルの排気音を聞いて耳を慣らしてから他のマフラーを聞いてください

スポンサーリンク

リード125(EBJ/2BJ-JF45)おすすめのマフラー

Lead125 (EBJ/2BJ-JF45) モリワキ ZERO

重さ音量
不明88db

リード125(EBJ-JF45/2BJ-JF45)の社外マフラーで最初に紹介するのは、モリワキから販売されているZEROマフラー

マフラーに使われている素材は、パイプ部分はステンレスでサイレンサーはチタンになっています

メーカーサイトにも重さの表記はありませんが、ノーマルよりも格段と軽量化する事が出来るでしょう。

排気音を聞いてみると、アイドリングから存在感が強くなっています。特にアクセルの開閉も気持ち軽く聞こえてきますね

どんな時もハズレがない安心感で選びたい方におすすめします

Lead125 (EBJ/2BJ-JF45) BEAMS SS300

重さ音量
3.65㎏84db

続いては、BEAMSから販売されているSS300ソニック

マフラーデザインは、スタンダードなラウンドタイプの形状にカールエンドを採用。

動画の音を聞いてみると、純正より存在感がありますが、音量で見ると大差はなく気持ちよく利用できそうです

閑静な住宅地に暮らしている方や、早朝や深夜にバイクに乗る方におすすめですね

Lead125 (EBJ/2BJ-JF45) WirusWin ロイヤルマフラー

重さ音量
不明88db

続いてはWirusWinから販売されているロイヤルマフラー

デザインは定番であるラウンドタイプにカールエンドとBEAMSと似た作りに。使われている素材はステンレスを採用し錆にも強く軽量化もされています。

また、ロイヤルマフラーの場合は4種類のエンドから好きな形状の物を選ぶことが出来ます。

動画の音を聞いてみると、かなり低音が強く感じますね

他車種だとウイルズウインであればもう少し音量が大きく聞こえるのですが、リード125場合だと消音されているのか、聞いている環境によって気持ち変わっているかもしれません

購入しやすい値段でもあるので、気になる方はチェックしてみてください

Lead125 (EBJ/2BJ-JF45) SP武川 サイレントスポーツマフラー

重さ音量
3.65㎏82db

最後は、スペシャルパーツ武川から販売されているサイレントスポーツマフラー

㏈だけで言えばノーマルよりも音量は落ちています。しかし、排気効率を高めてあるので抜けがいい特徴があります

ノーマルの外観で出力の向上をしたい方におすすめですね

ただボアアップされた車体には対応していないので注意してください。

現在、排気音が確認できるのは4種類しかありませんでした。

リード125用の社外マフラーを取り付けた動画を見つけ次第、更新していく予定ですが、販売されているマフラーも少ないので期待はしないでください

リード125 社外マフラー勝手にランキング

私の独断と偏見によってリード125に取り付けられたスタイルとコスパの両方から勝手にランキングにして決めています。

ただリード125の社外マフラーの数は豊富ではないので、今回は1位のみ決めました。

「マフラー選びに悩んでどれを選んだらいかわからない」「値段に折り合いが付かず購入を躊躇っている」方は背中を押す意味で読んでください

出典:「BEAMS」

スポーツ走行をしないスクーターなので、個人的には適度な音量でコスパに優れたものが優先します。

そうなると今回リード125のランキングで1位になるのはBEAMSのSS300ソニックマフラーです

上記でも紹介したラウンドタイプの形状にカールエンドタイプはリードにピッタリなデザイン。

それでいて適度な音量なのが非常に扱いやすいと感じました。それ以外に値段も3万円台と社外マフラーにしても特別高い値段はありません



スポンサーリンク

リード125マフラーを中古はない?

オークファンでLead125のマフラーを調べる

リード125に取り付けられる社外中古マフラーは、まだ豊富ではありません。ただオークションやフリマでしか販売されていない無メーカー品は安く取引されています

この点も含めてオークファンを使ってECサイトとオークションの価格をチェックしましょう。両方の最安値を理解すれば、1番安い価格で購入する事が出来ます。是非とも利用してください

Lead125社外マフラー排気音ランキング

今回紹介した社外マフラーの中から音量が小さい順にランキングにしています。特に住宅地に暮らしていて音量を抑えたい方や、早朝、深夜にバイクを動かす方は参考にしてください。

リード125排気音ランキング
SP武川 サイレントスポーツマフラー82db
BEAMS SS30084db
モリワキ ZERO88db
WirusWin ロイヤルマフラー88db

リード125に取り付けられるマフラーの音量にそこまでの差はありませんが、音質の違いが感じられます

ただ、動画を聞いている環境化によっても、聞こえてくる音に違いがあるはずでしょう。実際に聞いた排気音からお気に入りのマフラーを見つけてください

積載性重視ならリード125に決まり!

125ccスクーターは、各メーカー内での住み分けが多くなり、バリエーションも豊富になってきています

ただ、長年続いているリードシリーズはブランド地位が確立し始めていますね。大柄なメットインが特に欲しい方は決まりと言ってもいいでしょう

お気に入りのマフラーを取り付けて楽しく走ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました