マグナ250ホイールの種類は?スポークホイールを流用して新たなスタイルが作れる!

マグナ250って種類がいくつかあるけど、ホイールの違いって何かあるの?

こんな疑問に答えます。

Vツインマグナは販売された車種によってホイールに違いがあり中古バイク選ぶうえで1つのポイントになっています。

そこで今回は、マグナ250のホイールの特徴と流用できるものについて解説します。

スポンサーリンク

Vツインマグナ ホイールの種類は?

 

Vツインマグナが販売された1994年にアメリカンだと珍しい”キャストホイール”を採用したモデルで話題となり

その2年後に前後”ディッシュホイール”を採用したVツインマグナSも発売され2つの種類がありました。

しかし、マグナSは1997年に販売終了となり流通している車体が少なく中古相場も高めとなっています。

Vツインマグナホイールは中古でいくら?

キャストホイールはディスクローター込みで1000~20,000円台と幅があり選択肢が複数ありました。状態も様々なので予算によって使い分けが可能です。

それに対してマグナSのディッシュは20,000円を超えます。どうしてもディッシュホイール単体で販売されることが、少なく欲しいと思っている方も多くいるので価格は年々上昇気味。

前後ディッシュが気に入っているなら中古バイクを選ぶ段階でマグナSを買った方がいいかもしれません。

マグナ250流用できるホイールは?

出典 https://www.garage-tf.info/

マグナ用のフロントキャストホイールではなく、同社から販売されていたスティード400スポークホイールが装着可能、さらにポン付けできちゃいます。

出典 https://www.garage-tf.info/

ただスティード400とマグナではキャリパーの取り付け位置に違いがあり、一般的な流用は難しいとされていました。

それが今はキャリパーサポートもガレージT&F現在は販売してくれていて装着が非常に楽になっています。

ただしロングフォークやトリプルツリーを装着している車体だとブレーキホースやスピードメーターケーブルが届かなくなる可能性があります。

この点だけ注意してください。

 

スティード400フロントホイールは中古でいくら?

記事を書く段階で、オークションとフリマサイトの2つを使って中古販売価格を見ると5.000~10,000円で取引されています

比較的安い値段で取引されているなと思いましたが、状態は様々でスポークの錆が多かったり、ディスクローターが外されている物も含まれていてじっくりと見極めなければなりません。

なるべく良品で、状態が良い物を落札したいならオークファンを使って価格相場をしっかりと把握しましょう

カスタムの幅が広がる

キャストホイールはならではの良さがありましたが、やはりスポークの方が栄えるカスタムもあります。特にチョッパーやボバースタイルも目指すなら交換して損はないでしょう。

あなたなりのカスタムに仕上げて楽しくマグナを乗ってください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました