不人気だからオススメしたいVRX400 ロードスターの評判はいかに!

発売当時はあまり売れずにいたが、今なら受け入れてもらえそうなスポーティーなロードスポーツバイクホンダ・VRX400ロードスター

今回は、VRX400の評判からカスタムの仕方までご紹介します

スポンサーリンク

VRX400 ロードスター 簡易スペック

1995年バイクの原点に立ち帰り、シンプルなフォルムに仕上げて誕生したVRX400ロードスター

スペック

水冷V型2気筒 SOHC3バルブエンジン

最高出力 33ps/7.500rpm

最大トルク 3.5kgm/6.000rpm

車体重量 205㎏

燃料タンク 11L

5速MT

 不人気こそが最大の個性であり魅力

出店:http://www.motorbikespecs.net/

VRX400は時代と上手く合わなかった事で、早々にラインナップから消えてしまったオートバイです。

ジャンルはアメリカンやクルーザーではなくネイキッドに属す車体なのですが、どことなく、ハーレーのスポーツスターに似ているということで一部の方から人気があります。

また、このエンジンはホンダで爆発的な人気を生んだスティード400をベースに仕上げてあり、耐久性には抜群の信頼があります。

これから乗り出そうと思っている方も安心して乗り出しが出来ますね

ネイキッドって見てしまうと遅いかな

カテゴリーはネイキッドですが、スポーツ走行は得意せずかなりの重量級

また発売から結構時間も経っていますので、各所のやれがみられてきています。中古車購入する時には、ベアリングからゴム類はちゃんと点検してくださいね。

そして、早々にラインナップから外れてしまった事もありカスタムパーツがほとんどありません

上手い事、汎用製パーツを上手に使う事がカスタムを仕上げていくコツです。エンジン回り、マフラーなどはスティード400の物が使えるます。

是非ともチャレンジしてみてください。

ホンダが発売しているVT400Sとの違い

一番、デザインが近くエンジンも同じのVT400Sとの比較をしてみましょう

名称VT400SVRX400
全長 2295㎜ 2235㎜
全幅 870㎜ 760㎜
全高 1135㎜ 1105㎜
シート高 750㎜ 770㎜
車体重量 229㎜ 205㎜

この数字から見てわかる通り、VT400Sの方が大柄である事がわかりますよね
大きな車体に乗りたければ、素直にVT400Sを選択していいと思います

また、キャブレターがいいと思うならVRX400がおすすめです

元々が重いバイクなので、馬力は多少の差でしかありませんが、車体重量がVT400Sだと重いので、ちょっと辛い場面も感じられるかもしれませんが、飛ばさずにまったりと乗るぶんには、なんら支障はありません



スポンサーリンク

VRX400のおすすめカスタム

VRX400は国内より海外で人気が高いオートバイです。

カスタムの内容はカフェレーサー風に仕上げたり、トラッカーやボバーカスタムが人気です

それでは、あなたのカスタムにも役に立つバイクをご紹介します

VRX400 カフェレーサー

落ち着いた色合いにセンスが光るカフェレーサー

フレームからホイールまで落ち着いたブランドで全塗装して
タンクやシートカバーにはベージュを取り入れたオシャレなカフェレーサーカスタム

各所に配置されているステッカーのバランスや、セパハンの角度もいいですね

ちなみにVRX400のインナーフォークは41mm。なので41φのセパハンは装着可能です。

ただし、元々がインチのバーハンドルのためマスター、クラッチホルダー、スッチボックス、スロットルホルダーはそのまま装着出来ません。

シムを噛ませて固定する方法があるので、そちらを参考にしましょう。

ループ加工をしたカフェレーサーテイスト

フロントをつき出したカフェレーサーカスタム

タンクは純正品をリペイントし、マフラーがサイドターンマフラーを使用しています

VRX400のフレームを見る限りだとリア回りをループ加工せずとも配置する事ができるので、ロッカーズ風なシートも取り入れやすいと思えます

VRX400 トラッカーカスタム

ストリートトラッカー

ストリートに映えるカラーリングのトラッカーカスタム
黄色をベースに外装を塗りながら、足回りからエンジンは黒く塗り上げると車体が引き締まり個性を主張できます

また、スイングアームからステを作りナンバープレートを固定してるのがすごいですね。同時に泥除けの効果も得れそうです

 サイド二本出しトラッカーカスタム

豪快なエキパイの取り回しで、サイド二本出しのトラッカースタイルに変更されたカスタム

ワイドなハンドルに変更し、テール周りもすっきりとするだけで、見た目がトラッカースタイルにカスタムされていますね

現行ホンダのウィングロゴがアクセントとしてもいいですね

スポンサーリンク

VRX400 ボバーカスタム

タイヤむっちりと太くしたボバーカスタム

タイヤをむっちりとした太いデザインの物を取り入れ一風変わったバイクに仕上げてあり特徴的なカスタム。

さらにトランペットマフラーの二本出しや、ソロシートを取り付け、リア回りはすっきりと仕上げてあります

元々のスタイルがボバーカスタムに向いているので、ベースにするには適している車体ですね。

また、サーモバンテージがラッドな雰囲気が感じられアクセントになっています。

ミニスポーツスター


元々がハーレーのスポーツスター風なテイストが感じられるVRXをミニチュア版に仕上げてあるカスタム。

タンクをスポーツスタータンクに変えて同時にソロシート化すると本当にそっくりなスタイリングに決まりますね

中型免許しかなくて、スポーツスターに憧れる方はこういったカスタムに仕上げるのもオススメだと言えます。

番外カスタム

カフェトラッカーカスタム?

英さん(@maxvex80)がシェアした投稿


純正タンクではなく、マスタングタンクに変更しロッカーズ風なシートにサイド出しマフラーと随所に散りばめられています

また、このスタイルでセパレートハンドルなのがポイント。非常にオリジナル感があっておしゃれに感じました。

VRX400に取り付けられる一押しマフラーは?

VRX400に新品で購入出来るマフラーはありません。従って購入する前の方は、最初から社外マフラーを取り付けてある車体を選ぶといいでしょう。

ただし、流用や中古マフラーのデザインと排気音についてまとめた記事があります。気になる方はこちらから確認してください

VRX400(NC33.)おすすめ社外マフラー&排気音まとめ
スティード400のエンジンを元にネイキッドよりのデザインになって誕生したVRXロードスター(NC23)ストレートに言えば、ハーレーのスポーツスターをかなり意識されている車体ですね。今回は、VRX400に取り付けられる社外マフラーのデザインと

もったいないなーと思うバイク

時代に上手く当てはまらなかったので、あまり売れずにラインナップから早く消えてしまったバイクですが、この後に販売されたVT400Sよりも安く買えることや、おしゃれにバイクに乗りたい方には特にオススメしたい一台です。

興味がある方は、ぜひ一度バイク屋さんで覗いてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました