BMW C400X/GT(2018~)おすすめ社外マフラー&排気音まとめ

C400X/GTのマフラーを交換したいんだけど、種類はどんなのがあって音に違いはあるの?

こんな疑問に答えます

海外で先駆けて販売されていたBMW C400X/GTが2019年に日本でも流通が決まり販売が開始

独特な異形ヘッドライトのデザインなど国内のスクーターにはないセンスで作られています

今回は、BMW C400X/GT(2018~)に装着できる社外マフラーのデザインと排気音を聞ける動画をまとめました

新品、中古マフラーを選ぶ時に参考にしてください!

スポンサーリンク

BMW C400X/GT(2019~)純正サウンドってどんな音?

●重量8.5㎏
●音量不明

社外マフラーの排気音を聞く前にまずは、BMW C400X/GT(2018~)の純正サウンドを聞いておきましょう

純正マフラーのサウンドは完成度が非常に高く、ノーマルの範囲ながら元気なサウンドです

ライダー目線の映像でも高回転域は、しっかりと耳に聞こえ加速感も非常良く見えました

なるべく静かな音が好みであったり、閑静な住宅地に暮らす方なら、このままが最も利用しやすいのかもしれません

こちらの動画を参考にして、社外マフラーの音を聞き比べてみてください

C400X/GT(2019)の純正マフラーは、中古で取引されている情報がありません。マフラー交換してもノーマルは保管しておいてください
スポンサーリンク

BMW C400X/GT(2018~)おすすめ社外マフラー

AKRAPOVIC BMW C400X/GT(2018~) スリップオンライン チタニウム Euro4

●材質サイレンサー – チタン製 / エンド – カーボン製
●重量3.5㎏
●音量(近接 / 加速)不明
●価格(税込)※89,074円

※ECサイトの最安値を記載しています

ヨーロッパ最大のマフラーメーカーであるAKRAPOVICからはスリップオンマフラー

五角形をベースにした異形型サイレンサーを採用し、エンド部分も同じく五角形ベースにカーボン素材を使いハス切りされデザイン

C400X/GTの良さを活かしつつスポーティーな見た目にまとめてあります

排気音はノーマルよりも少しだけ音量が、大きくなった程度でほとんど変化がありません

ただ、動画後半のエンドバッフルを取り外した映像では音量や低音が増して社外マフラーらしいサウンドになっています

加速音が聞ける動画もあったので合わせて聞いてみましょう

徐々に回転数が増しても音質に変化は無く、小気味良さは正直感じられません

それでも長時間利用する事を考えると、耳が疲れる事のない音量なので、ツーリングによく出かける方は重宝するでしょう

LCI PARTSを筆頭にあと、いくつかマフラーが販売されていますが、装着した動画が見当たらず紹介できません

より多くの製品を調べたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください

スポンサーリンク

BMW C400X/GT(2018~)中古マフラーの状況は

BMW C400X/GT(2018~)の中古マフラーについても調べてみたところ、今回紹介したAKRAPOVICマフラーが稀に出回る程度で、ほとんど見かける機会がありませんでした

根気強く待てない方でないと中古で、入手するのは難しそうです

BMW C400X/GT(2018~)海外で販売されているマフラー

選択できるマフラーの種類があまりにも少ないので、国内で販売されていないマフラーもピックアップしておきます

こちらはEbayから購入可能な上に音量も大人しい物だけ厳選しておきました

REMUS C400X/GT(2018~) ステンレスブラックマフラー 

唯一見つけらのは、REMUSから販売されているステンレスブラックマフラー

しっとりとした排気音で、低音が心地よくドコドコとしたサウンドが響いています。海外製マフラーにある爆音ではないので、扱いやすいのが嬉しいポイントです

ただユーロ表記されていた価格を日本円にすると114,928円と結構高額でした。ここに輸送費や関税などを考えると、アクラポビッチマフラーが2本買える値段になるかもしれません

BMWならでは詰まっている

C400X/GTで気に入ったマフラーは見つかりましたか?

正直に言えば選択肢すらないので、音を楽しむ面では難しいように感じましたが、日本にはないスタイルと最高出力が表記以上に感じられるのは、BMWが熟成されているのがよく見て取れます

気になる方はバイク屋さんに出向いて直接触れてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました