CBF125おすすめ人気社外マフラー&排気音まとめ7選

CBF125のマフラーを交換したいんだけど、種類はどんなのがあって音に違いはあるの?

こんな疑問に答えます

世界各国でCBF125の商品名で販売され、ハーフカウルを装着してあったり、ネイキッド仕様だったりと国によって外観に変化があるモデルです

今回は、CBF125に装着できる社外マフラーのデザインと排気音を聞ける動画をまとめました

新品、中古マフラーを選ぶ時に参考にしてください!

スポンサーリンク

CBF125純正サウンドってどんな音?

●重量不明
●音量不明

社外マフラーの排気音を聞く前にまずは、CBF125の純正サウンドを聞いておきましょう

トコトコとしたアイドリング音が良く聞こえ全体的に非常に静かで、加速音はビジネスバイクのカブのようなサウンドです

これなら閑静な住宅地に暮らす方や、早朝深夜に通勤、通学される方も利用しやすいでしょう

こちらの動画を参考にして社外マフラーの音を聞き比べてみてください

CBF125の純正中古マフラーは、平均3,000円前後で取引されています。出品件数も多くあり自分の予算にあった製品が選びやすいでしょう

CBF125のマフラー交換時に必要なガスケット

CBF125で販売されているマフラーは、全てフルエキゾーストタイプです。なので、交換時にはエキゾーストパイプガスケットを1個使います

スポンサーリンク

CBF125おすすめ社外マフラー5選

まとめ!
●CBF125社外マフラーまとめ!
■安さ重視ならORM QUIETマフラー
■排気音量が大きいのが好みならRealize 22Racing
■なるべく小さい音にしたい方はARROW製かORM製

型式がPCJ71/PCJ72の場合は、中国輸入されたネイキッド、もしくはビキニカウル仕様です

JC40表記は生産地がインドで、欧州市場向けに販売されていたハーフアッパーカウルを装着したモデルの事を指しています

Realize CBF125 22Racing

材質チタン製
重量不明
音量(近接)90dB以下
対応モデルPCJ71/PCJ72
価格(税込)39,600円

国内生産に拘りつつも手ごろな価格で、バイクマフラーを生産してくれているリアライズからは22Racing

22racingはラウンドタイプをベースにした小ぶりなサイレンサーを、高い位置で固定ができスポーティーな見た目で利用できるマフラーです

排気音は、トコトコとした音がよく聞こえ程よい音量に抑えられています。全体的にしっとりとしているので、どんなシーンでも扱いやすい音でした

また、動画後半のバッフルを取り外した映像だと、低音が強まりアイドリング時からドコドコしたサウンドに変化しています

アクセルを開いた際も、重低音が強く唸るような音に仕上がっています

しかし、公道利用を考えると少々危うい場面もあるので、よく考えた上で取り外してください

ORM CBF125 QUIETマフラー

材質スチール製 耐熱ブラック / クロムメッキ
重量不明
音量(近接)84dB
対応モデルPCJ71/PCJ72
価格(税込)耐熱ブラック 19,800円
メッキ 23,100円

輸入バイクの珍しい車体にまで、マフラー制作をしてくれているORMからはQUIETマフラー

QUIETマフラーはショート管をベースにしたデザインですが、エンド部分が某チャンバーによく似たロケットタイプを採用してある製品です

クラシカルな外観でありながら、どこか新しさも感じられ斬新なデザインをしています

排気音はこの手の外観をしたマフラーは爆音が多いのですが、ドコポコと低音が程よく効きつつも、消音もされて控えめな音量です

適度な音量に抑えられているので、日常でも安心して利用できるのは嬉しいポイントです

・耐熱ブラック

・クロムメッキ

WirusWin CBF125 ダイナミックマフラー

材質ステンレス製
重量不明
音量(近接 / バッフル無し)88dB / 92dB
対応モデルPCJ71/PCJ72
価格(税込)39,600円

スクーター関連のパーツからマフラーを多く手掛けているWirusWinからはダイナミックマフラー

ダイナミックマフラーはボリューム感がある、ラウンドタイプサイレンサーにカールエンドの装着したマフラーです

低く固定がされ、どっしりとした見た目になりネイキッドらしさが目立つ内容に仕上げられます

排気音は映像が古く音が籠っていますが、動画で表記されている㏈上だと大きくはありません。それでもアクセルを開けた際は、しっかりと耳に残る単気筒サウンドでした

バッフル無しの動画もあったので聞いてみましょう

先ほどよりもクリアな低音サウンドが響いていますが、全体的な音は爆音ではなく割と消音がされています

スポンサーリンク

IXIL CBF125 ステンレスショートフルエキゾーストマフラー

材質ステンレス製 ブラック塗装
重量サイレンサー 2.1㎏
音量(近接)不明
対応モデルJC40
価格(税込)※68,805円

※海外メーカー品の為ECサイト最安値を参考にしてください

ヨーロッパを中心にエキゾーストブランドとして人気のあるIXILからはステンレスショートフルエキゾーストマフラー

IXIL製は現代的なルックスをしたオーバルタイプのサイレンサーに、エンド部分もオーバル状仕上げのマフラーです

どこかレーシーな雰囲気もある製品で、ハーフカウルのJC40との相性も良く見えます

排気音は、音が反響しそうな場所で撮影された映像でしたが、消音がしっかりとされ非常に大人しい音量でした

ただネックなのは、輸入モデルの中でも新品価格が高い点です

ARROW CBF125 フルエキゾーストマフラー

材質アルミ製 カーボンエンドキャップ
重量不明
音量(近接)84dB
対応モデルJC40
価格(税込)※39,600円

※海外メーカー品の為ECサイト最安値を参考にしてください

様々なレースシーンで培ったノウハウをマフラーに落とし込み販売しているARROWからはフルエキゾーストマフラー

ARROW製はIXILよりも小ぶりなオーバルタイプサイレンサーに、エンド部分もオーバル状に仕上げられたマフラーです

肝心の音は、エンジン始動時からドコドコとした音が強く聞こえていますが、アクセルを開けて回転数が増しても消音はしっかりとされています

0:32秒からは、エンドバッフルを取り外した映像になると高音がより強く聞こえてきています

他のマフラーはGPRやSCORPIONから販売されていましたが、これらは動画が見当たらずここに掲載できません。より多くの製品を調べたい方は下記からどうぞ

スポンサーリンク

CBF125中古で狙うならこのマフラー!

⇒オークファンで10年間のデータを無料で調べる

新品だけではなく、CBF125の中古マフラーについても調べてみたところ、出品数は非常に少なく上記で紹介したマフラーが稀に出回る程度でした

年単位でマフラーを探せる方なら欲しい製品が見つかるかもしれません。しかし、非常に時間がかかる上に保証がないので正直おすすめはしません

それでも絶版でしか手に入らない製品があるので、ここからはCBF125中古マフラーについて解説します



BEAMS ×ATLAS CBF125 ステンレスマフラー

平均価格23,000円
おすすめ度4.5

CBF125中古マフラーで最初に紹介するのは、BEAMSとATLASが手掛けたステンレスマフラー

取引されていたのは1件、価格は23,000円でした

ダブルネームで販売されていたマフラーのようですが、形状から察するにBEAMSのR-EVOに似た形で定番のスタイルです

排気音は、映像が古く少々音が籠って聞こえてきましたが、それでも低音のドスドスとした音が強く聞こえ存在感をしっかりと感じられます

アクセルを開けて回転数が上昇すると、単気筒らしいドコドコとした音が広がりつつも、音量はしっかりと消音がされ耳障りな音にはなっていません

BEAMS SS300も販売されていました。こちらはマフラー単品ではなく、装着された車体が売り買いされたデータは残っています。それでも売買されている回数は少ないようなので、購入したい方オークションとフリマサイトをよく見るようにしてください

DARK HOUSE CBF125 ステンレスフルエキマフラー

平均価格15,000円
おすすめ度4.0

最後は、ダークホースから販売されていたステンレスフルエキゾーストマフラー

取引されていたのは1件、価格は15,000円と比較的安価な値段です

JMCA非公認モデルながら音量は割とマイルドでしたが、アクセルを戻した時に生じる吸い込み音が独特であまり聞きなれない音です

マイナーが故に中古価格が安定している

CBF125で気に入ったマフラーは見つかりましたか?

CBF125はマイナーな車種になる為、現在は乗られている方が少なくなっています。その為、中古価格は安定していて乗り出しやすい一台です

もしも、まだ直接CBF125に触れた事ないのならバイク屋に行って触ってみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました