YBR125おすすめ社外人気マフラー&排気音まとめ5選

YBR125のマフラーを交換したいんだけど、種類はどんなのがあって音に違いはあるの?

こんな疑問に答えます

ブラジルで生産が開始されたYBR125は、その後中国に移りフロントカウルを装着したYBR125天剣、ネイキッドのYBR125K、アメリカンモデルのYBR125SP、オフロード仕様のYBR125Gと様々な形状で販売されていました

今回は、YBR125シリーズに装着できる社外マフラーのデザインと排気音を聞ける動画をまとめました

新品、中古マフラーを選ぶ時に参考にしてください!

スポンサーリンク

YBR125の純正サウンドってどんな音?

●重量不明
●音量不明

社外マフラーの排気音を聞く前にまずは、YBR125の純正サウンドを聞いておきましょう

排気音は芝刈り機が大きくなったようなサウンドで、正直なんとも言えない気分になってしまいました。同社のYB125SPや、スズキGN125のノーマルマフラーと比較しても、物足りなさを感じてしまう音でしょう

それでもこの音量であれば、閑静な住宅地に暮らす方や、早朝深夜に通勤、通学される方は安心して利用できます

こちらの動画を参考にして社外マフラーの音を聞き比べてみてください

YBR125の純正中古マフラーは平均4,400円で取引されています。出品数もそれなりにあったので、それぞれの予算にあった製品が選べる状況でした

YBR125のマフラー交換時に必要なガスケット

YBR125で販売されているマフラーは、全てフルエキゾーストタイプ。なので、交換時にはエキゾーストパイプガスケットを1個使用します

YBR125に流用できるマフラーってある?

YBR125と同系のエンジンを採用しているYB125SPYX125が候補にあげられます。この二車種はサイレンサー固定部分を加工すれば装着できるでしょう

そして、XTZ125も一応同じ。ただこちらは、アップタイプマフラーなので、装着方法が大きく異なり加工手順も非常に大変です

それでもYBR125をベースにスクランブラーカスタムを目指すなら利用価値があります

スポンサーリンク

YBR125おすすめ社外マフラー3選

まとめ!
●YBR125社外マフラーまとめ!
■とにかく安くマフラーを購入したいならORM
■なるべく音量を抑えて乗りたい方はBEAMS
■耳で排気音を楽しみながら走りたい方はWirusWin

BEAMS YBR125 SS300

●材質チタン製
●重量不明
●音量(近接 / バッフル無し)80.1dB / 90.8dB
●価格(税込)48,400円

バイクマフラーに特化し、多様な素材と様々な形状で制作しているBEAMSからはSS300

小ぶりなラウンドタイプサイレンサーにカールエンドを装着したマフラー

装着されたシルエットを見ても、マフラーが変わり全体的に引き締まって見え、スポーティーなスタイルに変化しています

気になる排気音は、映像が古いせいか音が籠って聞こえてきましたが、程よい低音サウンドと適度なボリュームにまとめられジェントルマンな雰囲気を味わえます

何を選んだらいいのか迷ってしまったらBEAMS製を買っておけば間違いありません

メーカー対応車種には入っていませんが、YSP扱いのインジェクションモデルでも問題なく使用できています。AIはマフラー側の配管に付属のキャップをかぶせてキャンセルした状態ですが異常燃焼は起こっていません。バッフル無しでもそこまでやかましい音ではないので取り外して使用。購入時に装着されているノーマルバッフルはノーマルマフラーとほとんど変わらない音量です。下のトルクは微妙に落ちていると思いますが、ノーマルマフラーのもたつき感が解消されてスムーズになったと思います。

出典:Amazon

 

WirusWin YBR125 ダイナミックマフラー

●材質ステンレス製
●重量不明
●音量(近接 / バッフル無し)88dB / 92dB
●価格(税込)35,200円

ビッグスクーターをメインにマフラーやパーツを開発しているWirusWinからはダイナミックマフラー

ラウンドタイプにカールエンドの定番の作りですが、商品名の通りサイレンサーサイズに迫力があり、YBRのボリュームに負けないデザインです

ドスドスとしたアイドリング音ながら音量は抑えられて小気味良いサウンドです。アクセルの付きも良く歯切れの良い音が聞こえてきます

バッフル無し動画が、なぜか公式からアップされているので聞いてみましょう

排気音量は間違いなく大きくなり、存在感は先ほどよりもしっかりと感じられましたが、映像が古く音割れも起きてしまい音量を小さくしないと聞いてられません

実際に装着して耳にする場合はもう少し低音が効いた音になるはずです

バッフルありだとかなり純正に近い、
騒音的には全く問題ないレベルになります。
バッフルなしだと大きく音が変化し、
音も大きくなり、冬場の暖気には気を使いそうです。
しかし、一度バッフルなしを体感すると、
まずバッフルありでは走れなくなる、そんな音です。
走っていても低音の効いた迫力のある音で、
この排気量とは思えないカッコいい音に変化します。

走りについては全域でトルク痩せして、
加速感は体感できる程度に鈍ります。
なので、それが気になる方は純正で走りましょう。

出典:Webike

ORM YBR125 QUIETエキゾーストマフラー

●材質スチール製 クロムメッキ / 耐熱ブラック
●重量不明
●音量(近接 / バッフル無し)87dB
●価格(税込)耐熱ブラック 19,800円
クロムメッキ 23,100円

小排気量のオートバイをメインにマフラーや外装などを開発し生産しているORMからはQUIETエキゾーストマフラー

ショート管をベースにした形状ですが、エンド部分は、某チャンバーメーカーのようなロケットタイプを採用したマフラー

クラシカルな形状ながら、一風変わったスタイルで楽しめます

そして、YBR125社外マフラーで最も安くリーズナブルなのが嬉しいポイントです。またカラーは耐熱ブラックとクロムメッキの二種類から選べます

気になる排気音は、アイドリング時の金属音が少々気になるものの、全体的に低音が強く社外マフラーらしいサウンド。それでいて消音もしっかりとされているので、耳が疲れる事もなく利用しやすい製品に感じました

耐熱ブラック

・メッキ

ここでは紹介できなかった1万円を切る中華系マフラーも販売されています

ただ画像を見ていると、エンドバッフルやグラスウールなどが装着されておらず、爆音すぎるマフラーのようです。気になる方は下記からご覧ください

スポンサーリンク

YBR125中古で狙うならこのマフラー!

新品だけではなく、YBR125の中古マフラーについても調べてみたところ、出品数は豊富で、製品によって価格差もしっかりと付き予算にあったマフラーが選びやすい環境です

ただ同時に大陸系マフラーの販売が多く、少々見づらいのがデメリットでした

そして、なにより落札されている回転が非常に早かったので欲しい物に目星をつけたらしっかりと入札しておきましょう

ここからはYBR125中古マフラーについて解説します

YOSHIMURA? YBR125 フルエキゾーストマフラー

YBR125中古マフラーで最初に紹介するのは、YOSHIMURA? フルエキゾーストマフラー

ヨシムラのロゴはありますが、過去の情報を色々探って見ても中国国内のみでしか販売されておらず、タオパオなどを使い逆輸入でしか買えなかったとのこと

さらに新品送料込みで25,000円とヨシムラではありえない価格。正直本当にヨシムラ製なのかは定かではありません

取引されていたのは1件、価格は15,000円とかなりリーズナブルな値段です

排気音は、映像が古く音が籠って聞こえてしまいましたが、低音が強く迫力のあるサウンド。どうやらエンドバッフルを取り外すと125cc以上の音量になるらしく、取り外して楽しんでいる方が多数いるようでした

IXIL YBR125 コニカルメガホンマフラー

最後は、IXIL製 コニカルメガホンマフラー

取引されていたのは1件、価格は5,000円と格安です

排気音は、消音が割とされてタカタカとしたアイドリング音が特徴的。アクセルで煽ると空冷シングルらしいサウンドで音質的には非常に好みです

ちょっとしたツーリングから足にも使える万能MT

YBR125で気に入ったマフラーは見つかりましたか?

バイク需要が高まり少し前に比べるとYBR125の中古価格も上がってきていますが、それでも乗り出しやすいオートバイです

まだ、YBR125に直接触れていない方は、ぜひバイク屋さんに行ってみてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました